• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 九州共立大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 奈良 英志さん(経済学部/ファイナンシャルコンサルタント)

私立大学/福岡

キュウシュウキョウリツダイガク

豊富なラインナップから、お客様に最適な商品をご提案

先輩の仕事紹介

先生の一言で選んだ金融業界。お客様と未来を見つめるファイナンシャルコンサルタント

ファイナンシャルコンサルタント
経済・経営学科/2017年卒
奈良 英志さん

この仕事の魅力・やりがい

現在はファイナンシャルコンサルタントとして、個人のお客様の資産運用をサポートしています。いろんな方にお会いできるのでとても充実感があります。熊本銀行では投資信託・保険など豊富な商品が用意されており、まずは商品知識を身につけ、市場の動きにアンテナを張り、お客様から相談していただける信頼関係をつくるのが大切です。学んだことを活用して、お客様から「提案してもらってよかった」と喜んでいただけるとやりがいを感じます。保険などはその時にならないと必要性を感じにくいものですが、お客様に「気付き」を与えることで、数年後に「あの時提案してくれてよかった」と思っていただければ嬉しいです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

入学当初は進みたい業界や職種は決まっていませんでしたが、好奇心が旺盛で分野を問わず様々な研究室に足を運び視野を広げていました。どの先生もオープンで、どんな質問にも明るく答えてもらえて面白かったです。そんな中で選んだのが金融ゼミ。授業で『株式学習ゲーム』をした時に、世の中のお金や物の流れに興味を持ったんです。またインターンシップ先が不動産業界だったのですが、そのまま就職しようかと悩んでいました。そんな時に視野を広げてくれたのがゼミの先生です。「『お金』を扱う金融業界なら経済全体を俯瞰して見られるのでは」というアドバイスをいただき、自信を持って金融業界へ進みました。

通帳をお持ちの方は全てお客様。社外で提案することも

学校で学んだこと・学生時代

「金融システム論」は参考になりました。資金調達の方法など基礎から応用までを学んだことで、銀行業務もスムーズに理解できるんです。証券や投資に関する知識も活かせていて、大学での学びが仕事の基盤になっているのを実感しています。また大学では、社会人としての「人間力」も鍛えられました。例えば、先生から毎週読むべき「課題本」が出されていたので、今も読書や勉強の習慣が身についていますし、物事を順序だてて考える「ロジカルシンキング」の大切さも学んだことの一つ。このおかげで、物事を「どうしてそうなるのか」と考える癖がつき、知識を吸収しやすくなりました。様々な知識が求められる金融での私の強みになっています。

大学での学びを基礎に知識を増やし提案の幅を広げたい

分野選びの視点・アドバイス

大学に入学した当初は将来の目標が見つからず、「やりたいことがある人はいいな」と思っていました。そんな私がお勧めするのが、少しでも興味のあることを深堀りすること。気になる分野があるなら、詳しい先生に話を聞くといいですよ。九州共立大学の先生方はとても気さくなので、気軽に質問してみてください。すると興味がいろいろな方向に広がって、予想外の未来と絡み合うことも!興味が絡み合えば、歯車が合うタイミングが必ずある。きっと心から「やりたい」と思える仕事が見つかります。その後は全力で進むだけ。キャリア支援課の先生も名前を覚えて親身に話を聞いてくれるなど、九州共立大学なら全職員であなたの夢を応援してくれますよ。

少しでも興味のあることを、追求すれば目標が明確に

奈良 英志さん

熊本銀行/経済・経営学科/2017年卒/学力特待生として九州共立大学に入学。明確な夢がなかったからこそ、様々なことに興味を持ち、金融ゼミと出会えたそう。授業で学んだ証券市場に関する知識を就職活動の企業分析に役立てるなど、学生時代から金融やマーケットに関する知識を応用。不動産企業でのインターンシップでもその実力を評価され、正社員に誘われたことも。また、学生時代からコミュニケーション能力が高く、留学生として訪れてきた中国人学生とも親交深め、学生時代の旅行では中国にある友人の実家に滞在させてもらうなど、国籍を超えた友情を育んだ。そんな好奇心に満ちた4年間が、彼の魅力を高めてくれたに違いない。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

九州共立大学(私立大学/福岡)