• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 福岡
  • 九州共立大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 椿 和浩さん(スポーツ学部/高校教諭)

恩師から教わった楽しむ姿勢を大切に、授業も楽しく!

先輩の仕事紹介

先生でよかった!の言葉で生徒の人生に関わる喜びを実感。人間力を高め、頼れる教員へ

高校教諭
スポーツ学部 スポーツ学科/2015年卒
椿 和浩さん

この仕事の魅力・やりがい

保健体育の授業に加え、クラス担任やレスリング部の顧問、生徒指導も担っています。高校生は大人なイメージがありますが、集団行動や一般常識など指導が必要な部分も。教員が妥協すると社会に出てから生徒が恥をかくので、細かいことでもきちんと指導するよう心掛けています。生徒は教員をよく見ているので、相談相手を選びます。生徒の色々な相談に乗れるよう人間力を高め、頼れる教員になりたいですね。「先生でよかった」と言われた時はすごく嬉しいです。誰かの人生に関われている喜びとやりがいを感じます。顧問を務めているレスリング部では、全国大会出場という快挙を達成!今は高校・大学時代の恩師と同じ目線で楽しんでいます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

父が中学校の教員で、幼い頃から憧れがありました。高校生のとき出会ったレスリング部の顧問は、指示を出しつつ率先して行動する「ついて行きたい」と思える先生。先生のすすめで、レスリングを続けられて教員免許も取得できる九共大へ進学を決意。教職サークルに所属し、同じ夢を持った仲間と、朝の勉強や地域の小学校で体育の授業をサポートする活動を行いました。小学生の指導を通して、運動が苦手な子の気持ちが分かるように。クラス運営にも関わり、先生たちとその日の進め方を話し合うなどしてチームプレイで運営する力も身につきました。注意力が散漫になる原因や苦労するポイントなど、先生のリアルな話も勉強になりましたね。

レスリングは基本の技を自分なりに改良することが大切

学校で学んだこと・学生時代

教員を目指すにあたって授業や部活指導のことばかり考えていましたが、ゼミではクラス運営や生徒の生きる力を育てること、夢へのサポートなど、「教職とはどんな仕事なのか」を考えるきっかけになりました。少人数制で模擬授業の時間が多いのも九共大の特長。座学や色々な競技に取り組めたので、どんな質問が来るのか想像し、指導者として教壇に立つ心構えができました。また、所属していたレスリング部では全日本で3位、インカレで2位など結果を残すことができ、努力すれば結果がついてくると感じました。上下関係もあるので、マイペースな自分も責任を持って動けるように。熱意が溢れ尊敬できる先生に出会い、理想の教員像を描けました。

日誌作成やテストの準備、評価など事務作業も

椿 和浩さん

福岡県立遠賀高等学校/スポーツ学部 スポーツ学科/2015年卒/高校、大学とレスリングに打ち込んできた椿先生。タイプの違う二人の顧問に出会い、教員を目指すように。「高校時代の顧問は朝練の一時間前から学校に来てランニングをしていました。先生の姿を見て、嫌なこともまずは自分が頑張って生徒に示そうと思えるようになりましたね。大学時代の顧問は気さくで世話好き。自分の所々に先生たちの教えが活きています」と、影響を受けたことを明かしてくれた。現在は1年生の担任。話す機会の少ない生徒とは話す時間を作り、対話することを心掛けているのだとか。「入学してどんどん成長していくので、これからが楽しみです」と笑顔で語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
九州共立大学(私立大学/福岡)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路