• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 駒澤大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 経済学部
  • 商学科

私立大学/東京

コマザワダイガク

商学科

募集人数:
246人

激動するビジネス社会に必要な知識と実務を、「会計・経営」「流通・情報」「金融・貿易」の3分野を柱に体系的に学習

学べる学問
  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 商学

    企業活動を客観的に評価するための理論と実践を学ぶ

    経済学をベースに、現実の経済の動きや、ビジネスの実践的な業務に必要な方法論や仕組みを、調査・分析などを通して学ぶ。

目指せる仕事
  • 会社経営者

    会社の業績、戦略判断、すべてに関して最終判断と責任を負う

    会社が活動を行う上での、事業戦略、資金対策、取引先対応、社員管理などあらゆる問題について、次の方向を示したり難しい決断を下したりする最高責任者。大企業以外では営業活動の第一線で活躍していることも少なくない。

  • 中小企業診断士

    中小企業の経営全般を調査・管理

    中小企業の経営者の依頼により、会社経営全般の調査・診断をし、生産管理、経営指導などを通して、経営改善をはかる、いわゆるマネジメント・コンサルティングをする。また、個々の企業を当たるだけでなく、数人でチームを作り、商店街全体の再開発診断にあたるケースもある。

  • 経営コンサルタント

    経営の専門アドバイザー

    企業の経営に関するトータルコンサルティングを行う。主に、賃借対照表・損益計算書などの財務諸表を材料として、会社の収益や資産内容などの経営状態を判断し、アドバイスをする仕事。経営者の心強いパートナーともいうべき存在だ。

  • 証券アナリスト

    投資価値調査や未来予測の専門家

    企業の財務状況や業績の見通し、あるいは広く、産業全般や経済、金融の動向を調査・分析し、個人や金融機関投資家の資産運用について、アドバイスをする。データを集め、膨大な数字から投資価値の評価やいま何に投資すればいいのかを予測するためには、一般企業の動向から為替や原油価格、金利の動向などさまざまな情報を分析しなければならない。

  • 金融ディーラー

    相場界の金融スペシャリスト

    顧客から預かった債券や株を売買して、差益を生み出す仕事。外貨を売買する外国為替ディーラー、外貨の賃借に携わるマネーディーラー、債券を売買する(ボンド)ディーラーなど、仕事内容によって呼び名も変わるのが特徴。刻々と変わる相場の動きを見ながら、瞬時の判断で何十億、何百億もの金額を動かす。

  • ファイナンシャルプランナー

    生涯設計の資産設計プロデューサー

    顧客に関するあらゆるデータを収集・分析し、顧客のライフプランを達成するための貯蓄計画、投資計画、保険・保障対策、相続対策などの資産設計をし、実行を手助けする仕事。ファイナンシャル・プランナーは銀行や生・損保、証券を中心とした金融機関に始まり不動産、ノンバンク、流通系の企業でも導入。

  • 公認会計士

    企業の財政状況を、第三者の立場で公正に監査する

    売上げや利益、財政状況を公表するために企業が毎年行わなければならない決算の際、社内の経理・会計部門が作成した財務諸表や税額などを、第三者の立場で公正にチェックし、内容を証明する仕事。

  • 税理士

    納税の手助けをする仕事

    個人や企業の依頼に応じて、所得税、法人税、消費税、事業税、固定資産税など税務署に申告したり納税手続きを取る際の代行。また、会計帳簿の記帳や決算書の作成、その他の会計関係の指導や相談にも携わる。最近では、各社業務の合理化が図られているため、仕事の範囲や経営や財務の相談など税務処理以外にも広がってきている。

初年度納入金:2017年度納入金 115万7000円 

学科の特長

学ぶ内容

ビジネス社会に必要な知識と実務を、「会計・経営」「流通・情報」「金融・貿易」の3面から学習
IT革命やグローバリゼーションの進展など、転換期にある現代企業の行動と活動のメカニズムについて、「会計・経営」「流通・情報」「金融・貿易」の3分野を中心に、必要不可欠な知識と実務を学習。2年次から4年次までの充実したゼミと、体系的に専門カリキュラムを配置した「コース制」により、より深く追究できます

カリキュラム

経営、会計、流通の専門科目のほか、経済学科の科目も履修可能です
鋭い洞察力を養う知識と実践的な実務能力を身に付けるため、経営、会計、流通に分けたコース制を導入。経済学、金融・財政、産業情報など経済学科のコースも選択可能です。また、企業の最先端で活躍するビジネスリーダーでもある先生からの講義も興味深いです

先生

信頼できる情報を社会に発信する為の考え方や仕組みは、今後、企業が生き残る為に不可欠な要素
「ここ数年、会計を取り巻く環境は大変大きく変化しています。企業活動の国際化にともない、会計そして監査の国際的基準との統一への対応が求められているのです」

学生

高校で学んだ簿記の知識を確かなものにし、経済の専門的な力を伸ばすことができました
「駒澤を選んだのは経済学科の科目も自由に履修できるカリキュラムの柔軟さにより、専門的な力を伸ばすことができると思ったからです。専門科目の履修で良かったのが会計学を学べたことです。会計は経済の基礎なので、勉強する過程で経済用語にも理解が深まります」

資格

中学校・高校教諭ほか、学校図書館司書教諭、社会教育主事などを取得できます
中学校・高校の教員を目指す教職課程を開講。卒業に必要な単位と並行し、教育職員免許法で定められた科目の単位を修めると中学校は社会、高校は地理歴史、公民、商業の教諭免許が取得できます。ほかに学校図書館司書教諭、社会教育や福祉業務において指導や助言を行う社会教育主事、社会福祉主事の資格も取得可能

クチコミ

現役学生が公認会計士試験合格!資格取得を支援する2つの「プロフェッショナルクラス」
大学と専門学校両方で講義を受講し、公認会計士・税理士の資格取得をめざす「会計プロフェッショナルクラス」と、ITコンサルタントを目指す「ITプロフェッショナルクラス」の2クラスを設置。2009年には会計プロフェッショナルクラスから、現役生(当時3年生)が公認会計士試験に合格するなど、着実に成果を上げています

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【地理歴史】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【公民】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【商業】<国> (1種) 、
  • 中学校教諭免許状【社会】<国> (1種) 、
  • 司書教諭<国> 、
  • 社会福祉主事任用資格 、
  • 社会教育主事任用資格

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    みずほフィナンシャルグループ 、 三菱東京UFJ銀行 、 三井住友銀行 、 野村證券 、 東京海上日動火災保険 、 東京地下鉄(東京メトロ) 、 全日本空輸 、 エイチ・アイ・エス 、 富士通 、 大和ハウス工業 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

経済学部全体の実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒154-8525 東京都世田谷区駒沢1-23-1
TEL 03-3418-9048

所在地 アクセス 地図・路線案内
駒沢キャンパス : 東京都世田谷区駒沢1-23-1 「駒沢大学」駅から徒歩 10分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

駒澤大学(私立大学/東京)