• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 福島
  • 郡山女子大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 松本 蘭世さん(家政学部 生活科学科建築デザイン専攻/二級建築士)

使用する材料確認、サンプルを取寄せる時も楽しいです

先輩の仕事紹介

「これはどうやって建てたんだろう」と疑問を調べ続けた学生時代が、今の知識に

二級建築士
生活科学科・建築デザイン専攻(現)/2013年3月卒
松本 蘭世さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

建設会社に勤務し、保育園の建築工事現場で施工管理を行っています。小学生の頃から工作やものつくりに興味を持っていて、建築の中でも現場施工管理という仕事は、工事の全般に携われるという点に惹かれました。建物が完成した時の感動は、建てる経過での大変だった事柄を吹き飛ばしてくれます。また現場監督は、建築の中でも幅広い知識を問われる分野なので、品質・安全のためにも日ごろから【技術の向上・修練】を意識しています。これからも更なる技術力の向上のため、今までより精度の高い施工図の作成に取り組みたいです。

学校で学んだこと・学生時代

この学校は高校の先生からの紹介で知り、商業施設士や福祉住環境コーディネーターなど、取得できる資格に魅力を感じました。在学中は課題やバイトなど、時間調整に苦しんだ思い出があります。ですが、今の仕事は時間やコストなどの調整が必須の仕事。時間を有効活用する癖は、学生時代に培われたものだと思います。また詳細な図面はパソコンで書きますが、簡単な図面やスケッチは手書きで書きます。学校ではパソコンと手書き、両方の図面の授業が半々にあったので、社会に出てからの苦労が少なかったと思います。さらに少人数制なので、和気あいあいと学ぶことができます。あまりに楽しくて、授業が討論会状態になることもありました。

自分で描いた施工図が形になるのは嬉しいものです

分野選びの視点・アドバイス

私は「好きなものが工作だから」という理由で建築学を専攻し、大学入学後、人生で初めて学ぶことの楽しさを知りました。在学中は寺院建築を学ぶため、様々な寺院に行ったり、建築学会図書館で資料集めを行ったりしました。近代的な寺院では最先端の技術を見たり、古くからの寺院では木造の芸術的な構法を学ぶことができました。「この建物はどうやって建てたのだろう」と疑問に思いながらたくさんの建築物を見ることに力を入れ、その疑問を調べていくうちに、それが自分の知識になっていたことに最近気づかされました。みなさんも学生のうちに様々な事に刺激を受け、楽しむことをぜひやってみてください。

トータルステーション、レベル測量器のセットは得意!

松本 蘭世さん

王子建設株式会社勤務/生活科学科・建築デザイン専攻(現)/2013年3月卒/住宅から公共施設まで総合的な建築工事を行っている会社の、「人柄、そして女性でも現場管理ができるというところ」に惹かれたという松本さん。現場で働いていても、建設現場で女性が多くなってきたと感じているそう。小学生の頃の工作好きから、この職業に興味を持ったのが高校1年生の時。大学時代は様々な建築物に触れ、学ぶことに力を入れ、現在は建築現場内での現場管理・施工図の作成をメインに行っている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
学校イメージ

この学校のおすすめ記事

郡山女子大学(私立大学/福島)
RECRUIT