• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 郡山女子大学
  • 先生・教授一覧
  • 熊田 伸子先生(福祉学)

私立大学/福島

コオリヤマジョシダイガク

こんな先生・教授から学べます

地域交流から福祉の明日を見つめる先生

福祉学
家政学部 人間生活学科福祉コース
熊田 伸子先生
先生の取組み内容

地域と連携した学びが本学の特長のひとつです。私が担当している福祉の分野では、地域に居住する高齢者と、介護・社会福祉を学ぶ学生が交流することを通して、高齢者の方々の活性化と社会参加による閉じこもり防止を図るとともに、高齢者とのふれあい交流体験を通してコミュニケーション力や福祉のこころを育む「いきいき交流事業」に取り組みました。この活動を通じて、教員自身が地域の中へ、そして、活動の中へ積極的に入って行くことにより、学生もそれに続いてくれているように感じています。学生にとっては、地域の方々とつながってくことの重要性を実感できる貴重な体験ではないでしょうか。また、学生は興味があっても一歩踏み出せない場合もあるので、教員が地域活動に一緒に参加することで、後押しになっているように思います。

「いきいき交流事業」の風景。世代間交流による心身の活性化を図るレクリエーションを行った

授業・ゼミの雰囲気

地域に根差した社会福祉活動により、さまざまな福祉ニーズに対応できる福祉の専門職を養成しています

授業の中では、地域で実践されている社会福祉活動の理解を深めるため、また、福祉の専門職が地域住民とどのように関わっているのかを理解するため、「認知症カフェ」に参加しています。また、資格取得のための実習はありますが、学生には実習以外でもボランティア活動を通して、施設や利用者さんの理解に努めるよう指導しています。

お年寄りと直に触れ合うことで、福祉の在り方や重要性を再認識

キミへのメッセージ

福祉専門職は社会的ニーズの多い仕事。一緒に社会福祉について学びましょう

社会福祉は人を対象にしますので、人と自然に関わることのできることが大事です。学生生活では福祉関係の本を読んだり、積極的に福祉の現場に足を運び、机上では学ぶことのできないことにもチャレンジしてください。

社会福祉は実践の学問。熊田先生自身がなるべく地域や現場に出て、現状把握に努めている

熊田 伸子先生

昭和62年4月、郡山女子大学家政学部人間生活学科副助手。平成9年4月、郡山女子大学家政学部人間生活学科助手。平成18年4月、郡山女子大学家政学部人間生活学科講師を経て、平成25年4月、郡山女子大学家政学部人間生活学科准教授に。現在の担当科目は高齢者福祉論、相談援助実習指導、社会福祉援助技術論。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…
学校イメージ

この学校のおすすめ記事

郡山女子大学(私立大学/福島)