• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 恵泉女学園大学
  • 在校生レポート一覧
  • 弓野 温子さん(人間社会学部 社会園芸学科/3年)

私立大学/東京

ケイセンジョガクエンダイガク

キャンパスライフレポート

草花、野菜、果樹…土を耕すところから自分の手で育てるのが楽しい!

人間社会学部 社会園芸学科 3年
弓野 温子さん
  • 東京都 農業高校 卒

私のキャンパスライフShot!

  • キャンパスライフPhoto

    メインガーデンで、季節の草花を眺めるのが好きです

  • キャンパスライフPhoto

    三日月花壇に咲く花の管理は、主に2年生が担当

  • キャンパスライフPhoto

    ガラス室では、花壇材料や野菜の苗を育てています

学校で学んでいること・学生生活

野菜に虫がつくことを嫌うのか、それとも虫がいるほうが美味しいと考えるのか。授業で有機農業を学んだときは、消費者が望む作物とは何かを、生産者・消費者双方の立場で考えていきます。また、多摩地域で花を育てるボランティアをしたりと、課外活動を通して様々な経験を積むことで、以前よりも視野が広がりました!

これから叶えたい夢・目標

夏休みに野菜農家に宿泊研修をしたことがきっかけで、“農業法人”について興味を持つようになりました。課外活動でNPOの子育て支援サポートに携わったことから、保育の仕事にも関心があります。まだ具体的には決めていませんが、将来は恵泉で学んだことを活かして、誰かの役に立てるような仕事に就きたいです。

この分野・学校を選んだ理由

生花店のフラワーアレンジメントに興味を持ったことから、園芸科のある高校に進学。そこで草花だけではなく、野菜や果樹などの植物を自分で栽培するのが楽しかったので、大学でも引き続き園芸を学びたいと思い、恵泉に入学しました。

分野選びの視点・アドバイス

都内では珍しく自然に囲まれていることも、恵泉の魅力のひとつ。キャンパスには広大な教育農場や花壇があり、郊外なので空気もきれいです。また、少人数制で先生と学生との距離が近く、園芸を通して人と交流することで、様々な出会いを得られます。

1週間のタイムスケジュール

 
1限目 都市と農村 親子関係学
2限目 食農・菜園教育論 英語で学ぶガーデニング II
3限目 社会園芸演習 II(ゼミ) 欧米の園芸芸術
4限目 欧米の園芸芸術
5限目 社会園芸特講
6限目

好きな授業は、1年次の必修科目「生活園芸」。学部学科を問わず全学生が自分たちの手で有機野菜を育てるという、恵泉ならではの授業です。これがきっかけで園芸にハマる学生も!私は家でトマトを育てています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...

この学校のおすすめ記事

恵泉女学園大学(私立大学/東京)