• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 恵泉女学園大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 杉村 真衣さん(人間社会学部 国際社会学科/営業)

私立大学/東京

ケイセンジョガクエンダイガク

先輩の仕事紹介

働く人を支えるサービスを提供する仕事。新しい営業スタイルで“働き方改革”を実現!

営業
人文学部国際社会文化学科(現:人間社会学部国際社会学科)卒/2008年卒
杉村 真衣さん

この仕事の魅力・やりがい

宿泊施設からフィットネスクラブ、育児・介護まで、様々なサービスを福利厚生価格で利用できる「ベネフィット・ステーション」。業界や会社の規模を問わず、多くの企業にこのサービスの提案を行うのが私の仕事です。“働き方改革”“健康経営”が重要視される今、たくさんの企業からお問い合わせをいただくため、提案先に困ることはありません。また、弊社では2016年より、パソコンに資料と顔を映して電話で営業をかけるインサイドセールスのチームを発足。ゆくゆくは、営業の外部委託や在宅・時短勤務に対応した多様な働き方の実現をめざしています。このような新しい取り組みに携わることができ、日々やりがいを感じながら働いています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

もともと人と話すことが好きで、キャリアアップ志向が高かったことから、人と出会う機会が多く、人間としての成長が実感できる営業職を希望していました。実際に就職活動をするにあたり、業界を問わず様々な会社の選考を受けましたが、なかでも幅広い分野の仕事をしているベネフィット・ワンなら、商材に飽きることなく楽しく仕事が出来そうだと考えました。それに、選考時には必ず先輩訪問をして、自分の目で社風を確かめるようにしていたのですが、ベネフィット・ワンは社員の年齢層が比較的若く、社員同士とても仲がよく生き生きと働いているように見えたことから、「この会社なら私らしく仕事ができそう」だと思い、入社を決意しました。

米国発の新しい営業手法“インサイドセールス”を社内で立上げ、現在はチームリーダーとして活躍中!

学校で学んだこと・学生時代

高校時代にオーストラリアへ留学したことで海外の文化が好きになりました。NGOの活動にも興味があったことから、大学では国際関係について学び、自分の視野を広げたいと考えました。恵泉で学んだことでとくに印象に残っているのが、インドネシアでのフィールドワークです。首都ジャカルタから6時間ほど離れた村でマングローブを植えるボランティアを行ったのですが、「生活園芸」の授業で作物を育てた経験がとても役に立ちました。それに、お風呂や冷蔵庫などの設備が整っていないことにも衝撃を受けましたね。私たちが当たり前だと思っている生活は、国によってはまったく異なるということを、身をもって実感できる貴重な機会となりました。

インドネシアでフィールドワークを経験。伝統的家屋の“トンコナン”を見学しました

杉村 真衣さん

株式会社ベネフィット・ワン 勤務/人文学部国際社会文化学科(現:人間社会学部国際社会学科)卒/2008年卒/大学時代はインカレのテニスサークルに所属し、企画・幹事を経験。また、コーヒー店でのアルバイトを通して、積極的に学外に友人の輪を広げたという杉村さん。「サークルやバイト先の先輩から就活のアドバイスをたくさん貰いました。社風の見るべきポイントなど、先輩たちの経験談を参考にしました」と語る。在学中はアジアからヨーロッパまで、長期休暇のたびに海外旅行へ。今でも年に一度は海外へ行くようにしているそう。「恵泉時代の友人と一緒に旅行することが多いですね。社会人になって10年たちましたが、今でも仲がいいですよ」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
恵泉女学園大学(私立大学/東京)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路