• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 恵泉女学園大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 張 丹丹さん(人間社会学部 社会園芸学科/システムエンジニア(SE))

私立大学/東京

ケイセンジョガクエンダイガク

クライアントのニーズに応え、効率的なシステムを設計します

先輩の仕事紹介

お客様の求める業務システムの構築を通して多くの人と繋がれるのが、この仕事の魅力!

システムエンジニア(SE)
人間社会学部 社会園芸学科 卒/2017年卒
張 丹丹さん

この仕事の魅力・やりがい

IT社会が発展した現在、多くの企業で顧客情報や販売管理などコンピュータによる管理システムを導入しています。そのような企業の要望に応え、効率的なシステムを提案・設計・導入するのが、システムエンジニア(SE)の仕事です。この仕事の魅力は、一つのシステムを構築していく工程で、様々な人と繋がれること。発注者となるお客様はもちろん、プログラマーなどシステムを一緒に構築するチームメンバーなど、プロジェクトを遂行するためには多くの人々が関わっています。テストの結果、無事にシステムが稼動できたときに、大きな達成感を覚えますね。さらには業務の生産性や効率アップにも繋がるため、人の役に立っている喜びも得られます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

学生時代のボランティア経験から、将来は人のために働きたいと考えていました。友人からは、自国語の中国語を活かせるサービス系の仕事を勧められましたが、もっと多くの人の役に立てるような、広がりのある職種を希望。それに、帰国してからも継続できるような“手に職”をつけたいと思いました。そんな頃に、恵泉の就職ガイダンスで企業説明会に参加したことから、IT業界の仕事に興味を持つように。IT系企業に的を絞って就職活動をした結果、現在の勤務先となるTOKAIコミュニケーションズに就職が決まりました。IT知識ゼロの状態での入社でしたが、丁寧な研修のもとSEとして必要な知識を身につけることができました。

多くの人の生活や仕事をサポートできる点に魅力を感じ、現職を志しました

学校で学んだこと・学生時代

学生時代はボランティア活動に注力していました。なかでも、植物や園芸作業が人に与える効果をリハビリテーションに活用する“園芸療法”のボランティアが、今も印象に残っています。地域の老人ホームや施設を訪問して園芸作業をしたり、認知症の高齢者や知的障がい者と共に学内のガーデンで植物を育てたりしました。また、耳の不自由な方の授業を一緒に受け、講義内容をノートPCに打ち込むノートテイクのボランティアも行いました。ほかに、4年次にはオーストラリア短期フィールドスタディにも参加。このように学生時代に多くの人々と出会い、人と人の繋がりや異文化、価値観に触れることで、人への思いや理解がより深められたと思います。

オーストラリアではホームステイをしながら、アボリジニの歴史や文化を学びました

張 丹丹さん

株式会社TOKAIコミュニケーションズ 勤務/人間社会学部 社会園芸学科 卒/2017年卒/父親が屋上緑化の事業をしていたことと、心理学に興味があったことから同学の社会園芸学科で学ぶ。留学生受け入れのある東京の女子大を探していたところ、社会園芸学科が新設されることを知り、興味のある分野2つを同時に学べることから入学を決意したという張さん。「私の日本語の上達のために手伝ってくれたクラスメイト、講義で分からないことを教えてくれた先生、日本の文化を教えてくださったボランティア先のお年寄り、プライベートで遊んでくれた友だちなど、とても多くの人に助けられ、支えられた4年間でした」と、明るい笑顔で当時を振り返ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
恵泉女学園大学(私立大学/東京)