• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 恵泉女学園大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 菊地 悠美さん(人文学部 日本語日本文化学科/テクニカルサポート)

私立大学/東京

ケイセンジョガクエンダイガク

先輩の仕事紹介

新しい技術、新しいサービス。通信業界の“今”に触れられることが、やりがいに!

テクニカルサポート
人文学部 日本語日本文化学科 卒/2014年卒
菊地 悠美さん

この仕事の魅力・やりがい

社会人になればほぼ100%の確率でみんなが所有する名刺。交換するだけで終わっていませんか? 私が勤めるSansan株式会社は、会社にあるすべての名刺をデータ化し、社内で共有することで仕事の活用へとつなげる“クラウド名刺管理サービス”を提供する会社です。私はここで、クライアントからの問い合わせを受け付けるテクニカルサポートとして働いています。基本的には電話やメールでの対応が主となりますが、たとえ顔の見えないやりとりであっても、お客様の役に立っていると感じられるところが、この仕事の魅力です。社会に必要な新しい事業を支える一員であること。何よりその意識があるからこそ、やりがいを持って働けています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

携帯、タブレット、PCは、今や日常生活でも仕事でも欠かせないアイテム。将来何をするにしても、覚えておいて損の無いものだと感じていました。そんな考えから通信業界に興味を持っていたことと、就職活動をしていたときに「携帯販売の仕事って、あなたに向いてそう」と人から言われたことから、卒業後は携帯ショップに就職しました。そこで4年過ごした間に店長に昇格し、地方勤務も経験。自分のなかで「販売の仕事はやりきった」と感じたことから、転職を決意しました。前職の経験を活かしたいと思い、次の仕事でも自然と通信業界を選択。前職で接客スキルやヒアリング能力を鍛えていたことが、サポート業務においても大いに役立っています。

前職も現職も通信業界。着実にスキルアップできています!

学校で学んだこと・学生時代

大学時代は近現代文学のゼミに所属し、図書館で論文を読みあさるような毎日。とくに人間の心理・心情に興味があり、文学者では江戸川乱歩や芥川龍之介が好きでした。また、オープンキャンパスで案内役を務めるキャンパスアテンダントとして、受験生にキャンパスツアーを実施したり、受験アドバイスを行う活動にも取り組んでいました。残念ながら在学中にサークルやボランティアに参加する機会はありませんでしたが、キャンパスアテンダントをしていたおかげで、違う学部・学科の友人を作ることができました。夏のオープンキャンパスで毎週のように週末は大学で過ごしたのも、いい思い出に。そのときの仲間とは、今でも連絡を取り合っています。

オープンキャンパス中に、キャンパスアテンダントの仲間たちと

菊地 悠美さん

Sansan株式会社 勤務/人文学部 日本語日本文化学科 卒/2014年卒/高校時代は国語が得意で、日本文学を好んでいた菊地さん。少人数制で学生と先生との距離が近いことに魅力を感じ、高校卒業後は恵泉女学園大学へ。「先生が各学生の名前と個性を把握していて、とても面倒見のよい大学だと感じました」と語る。在学中にキャンパスアテンダントをした経験は、社会人になってからの接客の仕事に活かされたそう。「基本的に人と接することが好きですね。自分が得意なこと・興味あることを、一つひとつステップアップさせたことが、今に繋がっていると考えています」と、明るい笑顔で話してくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
恵泉女学園大学(私立大学/東京)