• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 広島
  • 広島文化学園大学
  • ブログインフォ一覧

広島文化学園大学のブログ・インフォ

  • 2021年03月01日 02:09

    BLOG

    3月14日(日)に、認知症サポーター養成講座と認知症にとっての音楽の効果についての公開講座「老いのこころに寄り添う」を開催します。
    この機会に、改めて認知症を良く理解していただき、音楽が認知症の方にとって、どのような効果があるかを皆様と共に考えてみたいと思います。
    会場は新型コロナウイルス対策をしっかりした上で30名を受け入れます。オンラインでの受講も可能です。多くの方のご参加をお待ちしています。
     

    【日時】
     2021年3月14日(日) 13:00〜14:30
    【場所】
     広島文化学園大学 広島⻑束キャンパス 0401教室
    【受講料】
     無料
    【受講定員】
     会場の定員30名・オンライン定員30名
    【申込方法】
     事前申込が必要です。「詳しくはこちら」をクリックしてください。(3月10日(水)17時締切)
    【内容】

     講演1「認知症サポーター養成講座」(講師:野村妙子先生)
     講演2「音楽で認知症に寄り添う」(講師:和田玲子先生)
     
    申込方法や講師紹介等、詳しくはこちら

    http://www.hbg.ac.jp/news/detail/?id=235

  • 2021年02月25日 12:55

    BLOG

    2月25日(水)、坂キャンパスにおいて、8指定強化クラブから22名の幹部学生が参加し、「第2回スポーツリーダーズセミナー」が開催されました。このセミナーは、指定強化クラブの現幹部や次期幹部を対象としたもので、クラブの幹部としての心得やリーダーシップ・スキルを身に付けることをねらいとしたものです。
    第1部として、東川安雄学生部長から「チームを成功に導き、メンバーを成長に導く『リーダーシップ・コーチング』」についての講義を受け、リーダーとしての「誠実さ」やメンバーの声を「よく聴く」ことなど、リーダーとしてのふるまい方の大切さを学びました。
    第2部は、PBL(問題解決学習)方式に基づき、他大学の運動部員による最近の問題行動(大麻栽培等)について、その原因や解決策についてクラブ単位で話し合い、その結果を発表し合いました。参加者全員が大きな問題であると受け止め、真剣に話し合った結果、「自分のしていることがチームだけでなく様々なところに影響していることを認識し、責任を持って行動するように注意喚起する」「定期的にミーティングを持つ」「全員にチャンスを与えるシステムを作る」「チームの一員という意識を持たせるために孤立化させない」「全員が主役のチームを作る」などの提案がありました。
    Withコロナで取り組んできた、地道な1年間の練習成果を発揮できる新しいシーズンが、すぐそこまで来ています。チームの成功とメンバーの成長を導くためにも、今回の研修で学んだことをクラブに持ち帰り、メンバーと共有し、待ちに待った公式戦への挑戦と1年間の活動につなげ、学園の皆さんから応援されるクラブに育っていってほしいと願っています。
     
    【学生の感想】
    選手間での意識の違いや、危機感の無さ等が大きな問題を生むということが身に染みてわかりました。今後は定期的にミーティングや面談などを実施して、部員全員が同じ方向を向けるように、チームのリーダーとして全員に目を向けていこうと思います。
    土取 大起 さん(野球部/3年/広島国際学院高等学校出身)
     
    スポーツリーダーズセミナーに参加して、幹部学生としての心構えや考え方について新たな知識を得ることができました。大学の部活動は、高校とは違って先生に教えてもらうばかりのものではなく、自分たちが主体性をもって行うものでもあると思うので、部の主将として「チームを成功に導き、メンバーを成長に導く」ことができるようにしていきたいと思います。また、PBLでクラブ活動について考えるという活動もあり、しっかり自分のクラブ活動とも関連させながら考えることができたので、これを機会にクラブ活動でもこのようなPBLという活動をしっかりと取り入れて行きたいと思いました。
    八城 実莉 さん(女子バスケットボール部/3年/広島県立広島観音高等学校出身)
     

    http://www.hbg.ac.jp/topics/detail/?id=866&parent_id=1&category=5

  • 2021年02月19日 12:00

    BLOG

    広島文化学園大学学芸学部と広島文化学園短期大学の学生たちによる自主的組織である「あかね祭実行委員会」は、新型コロナウイルスの影響により中止になったあかね祭(大学祭)に代わる「あかねプロジェクト2020」を計画し、昨年末に「HBG 折り鶴プロジェクト2020!」と「手形でつながる笑顔のメッセージボード」を実施しました。
     
    詳しくはこちら
     
    そして次の企画として、折り鶴ツリーを彩った25,000羽の折り鶴を再生し、みなさまからいただいたぬくもりや想いを形をかえて永遠につなげようと企画をスタートしました。名付けて、折り鶴再生紙で作る「手形の万年カレンダー」です。

    「HBG 折り鶴プロジェクト2020!」と「手形でつながる笑顔のメッセージボード」の2つの企画に共通するのは「手」。みなさんの「手」から生み出されたぬくもりやつながり、笑顔をイメージし学生がデザインを考えました。この手形の万年カレンダーのデザインを広島紙漉きラボの浜本晋也さん、放課後等デイサービスエクシヴさんのご協力のもと、記念グッズにします。万年カレンダーのデザインは、広島紙漉きラボのみなさんとあかねプロジェクト実行委員会と何度も打ち合わせをして完成したものです。
    折り鶴の解体作業を終えた学生たちは、2月17日に広島紙漉きラボを訪れ、濱本さんの指導の下、カレンダーの土台部分に使用する紙を1枚ずつ漉いていく活動を行いました。この様子は、RCCの「イマナマ!」で報道されました。また19日には、カレンダーの数字の部分のパーツに一つひとつスタンプを押していく作業も行いました。

    手形の万年カレンダーが完成した後は、ご協力いただいた団体を中心に万年カレンダーをお届けする予定です。
     

    http://www.hbg.ac.jp/topics/detail/?id=863&parent_id=1&category=1

  • 2021年02月16日 12:58

    BLOG

    ダンス部Young Gunzのメンバーである倉石蓮菜さん(1年/飛鳥未来高等学校出身)が、「TAKAMICHIきみに読む物語-1111-」のプロモーションビデオに出演しました。
    学生ながらこのようにプロアーティストのプローモションビデオに出演できる貴重な機会を手にしたのは、日頃の努力のたまものです。
     

     倉石蓮菜さん
     
    写真はプロモーションビデオの一部です。
    フルバージョンの動画はこちら
     

    http://www.hbg.ac.jp/topics/detail/?id=855&parent_id=1&category=5

  • 2021年02月14日 12:00

    BLOG

    ホルン専攻生らによるホルンアンサンブルコンサートを、マエダハウジング安佐南区民文化センターホールで開催しました。
    ホルン専攻生4名によるホルン4重奏のほか、打楽器やピアノを加えたアンサンブルやホルン8重奏まで、ゲストとして出演された音楽学科非常勤講師の河原完先生、倉持幸朋先生と、卒業生2名の協力を得て、ホルンの魅力があふれるプログラムで演奏をお届けしました。
    会場には高校生や音楽関係者などのお客様がご来場くださり、温かい拍手をいただきました。
     
    出演学生のコメントはこちら
     
    【出演学生】
    (ホルン)
    近藤 美聡 さん(4年/広島修道大学附属鈴峯女子高等学校(現:広島修道大学ひろしま協創高等学校)出身)
    植竹 ののか さん(3年/広島県立海田高等学校出身)
    福尾 望佳 さん(3年/広島県立広島井口高等学校出身)
    芳之内 実来 さん(3年/愛媛県立伊予高等学校出身)
    (パーカッション)
    樋口 莉奈 さん(3年/広島県・広陵高等学校出身)
     

    http://www.hbg.ac.jp/topics/detail/?id=856&parent_id=1&category=4

  • 2021年02月10日 12:00

    BLOG

    2020年11月25日に呉市議会広報委員長の小田様、副委員長の阪井様、委員の梶山様、藤本様が来学され、看護学科1年生2名と4年生2名の4名が取材を受けました。呉市議会議員の方から広報誌「呉市議会だより」について、若い方の意見を聴いてみたいということで、議員のこと、呉市に住んでいて良かったこと等々について質問がありました。学生は「呉市にはとても綺麗な景色がある。県外から来た自分にとっては、どこにどんな景色があるかわかると行ってみたい気持ちになる。そうした表紙にしてほしい」「身近に感じるために議員さんの顔とか出してほしい」「Q&Aはわかりやすい」ことを伝えました。
    取材に参加した学生は、「市議会議員の方と話をすることはないので、貴重な経験になりました」「緊張したけれど、市議会議員の方はとても優しかったので、楽しく話ができました」「市議会議員の方が来られ、実際の仕事の一部を伺うことができて良かった」との感想が聞かれました。
    この様子は2月10日に発刊された呉市の議会だよりに紹介されました。呉市議会広報委員の皆様、学生の意見を聞くために貴重な懇談会を持っていただき本当にありがとうございました。
     
    【取材を受けた学生】
    礒本 義之 さん(呉市立呉高等学校出身)
    金矢 桃歩 さん(広島県立広高等学校出身)
    上和田 涼 さん(鹿児島県・れいめい高等学校出身)
    茶谷 亮介 さん(広島県立呉昭和高等学校出身)
     

    http://www.hbg.ac.jp/topics/detail/?id=851&parent_id=1&category=2

  • 2021年02月05日 04:49

    BLOG

    音楽学科の山澤洋之准教授(打楽器)が、2月28日(日)に開催されるコンサート「打*ダ*だ。~打楽器とダンスとだい好きなモノたち~6人の打楽器奏者とダンサーによる大好きなひと時」の宣伝のため、広島FMの「クラシカルホリデー」に出演します。
    放送日時は、2月7日(日)と2月14日(日)のいずれも9時30分から10時です。
    広島FMのパーソナリティ、山本三季雄さん、AKIKOさんとともに楽しいトークと音楽をお届けします。ぜひご視聴ください。

     
    演奏会概要
    「打*ダ*だ。~打楽器とダンスとだい好きなモノたち~6人の打楽器奏者とダンサーによる大好きなひと時」
    日時 2021年2月28日(日)14時30分開演(13時30分開場)
    会場 コジマホールディングス西区民文化センター ホール
    チケット(全席自由) 一般 3,000円(当日3,500円)
     学生・シニア(65歳以上) 2,000円(当日2,500円)
    ※新型コロナウイルス感染防止対策のため、座席は定員の半数以下とさせていただきます。
    演奏会にもぜひお越しください。

    http://www.hbg.ac.jp/news/detail/?id=234

  • 2021年02月02日 01:42

    BLOG

    次の日程で春(3月)のオープンキャンパスを3月21日(日)に開催します。どなたでも参加していただけます。専門分野の教員がていねいに学科の特徴や入試のポイントを解説します。 参加を希望される方は、事前にwebでお申し込みください。
    新型コロナウイルス感染拡大の状況により、開催日・内容・時間等が変更となる場合があります。最新の情報は、本学HPや公式LINEでご確認ください。
    申込締切 3月18日(木)(音楽学科のみ、3月15日(月)締切)
     
    広島文化学園大学 3月21日(日) 10:00~12:00 
    看護学科 webでの申込はこちら
     
    子ども学科 webでの申込はこちら
     
    音楽学科 webでの申込はこちら
     
    スポーツ健康福祉学科 webでの申込はこちら
     
    広島文化学園短期大学 3月21日(日) 10:00~12:00 
    コミュニティ生活学科 webでの申込はこちら  
    食物栄養学科 webでの申込はこちら  
    保育学科 webでの申込はこちら

    http://www.hbg.ac.jp/news/detail/?id=233

  • 2021年01月28日 01:41

    BLOG

    広島文化学園大学学芸学部と広島文化学園短期大学の学生たちによる自主的組織である「あかね祭実行委員会」は、新型コロナウイルスの影響により中止になったあかね祭(大学祭)に代わる「あかねプロジェクト2020」を計画し、昨年末に「HBG 折り鶴プロジェクト2020!」と「手形でつながる笑顔のメッセージボード」を実施しました。
     
    詳しくはこちら
     
    この度、折り鶴ツリーを彩った25,000羽の折り鶴を再生し、みなさまからいただいたぬくもりや想いを形をかえて永遠につなげようと企画をスタートしました。
    名付けて、折り鶴再生紙でつくる「手形の万年カレンダー」です。
    「HBG 折り鶴プロジェクト2020!」と「手形でつながる笑顔のメッセージボード」の2つの企画に共通するのは「手」。みなさんの「手」から生み出されたぬくもりやつながり、笑顔をイメージし学生がデザインを考えました。この手形の万年カレンダーのデザインを広島紙漉きラボの浜本晋也さん、放課後等デイサービスエクシヴさんのご協力のもと、記念グッズにしていただきます。
    折り鶴の解体作業は、学生とエクシヴさんの方で、少しずつスタートしております。
     

     

     
    「手形の万年カレンダー」完成後は、ご協力いただいた近隣の保育園、幼稚園、小学校、福祉施設をはじめ、あかねプロジェクトの企画に賛同いただき協力いただいた、広島で活躍されているスポーツ選手のみなさまのもとにお届けする予定です。

    http://www.hbg.ac.jp/news/detail/?id=232

  • 2021年01月25日 12:00

    BLOG

     スポーツ健康福祉学科1期生(現在3年生)が、ATI公認トレーニング指導者(JATI-ATI)認定試験に初挑戦して5名合格しました。トレーニング指導者とは、科学的根拠に基づく適切な運動プログラムの作成と指導ができる専門家(スポーツインストラクター・スポーツトレーナー)を証明する資格です。
     

     
    【合格者の声】
    教科書を参考にワークノート課題に取り組み、過去問題集で間違えた箇所をピックアップして復習しました。他の認定試験と受験期間が被り、勉強時間の確保が難しかったです。将来は、スポーツトレーナーとしての就職を考えているので、合格に満足しています。
    田坂 一馬 さん(3年/広島県立葦陽高等学校出身)
     
    受験3か月前からワークノート課題に取り組み、1か月前から模擬問題集を使用して本格的に覚える作業を始めました。それでも本番は、模擬問題とは違う箇所が出題されたので、教科書を読み込むことが大事だと感じました。大変だっただけに、合格という結果を嬉しく思います。
    寺西 真莉恵 さん(3年/広島県立神辺旭高等学校出身)
     
     
     

    http://www.hbg.ac.jp/topics/detail/?id=846&parent_id=1&category=5

学校トップに戻る
広島文化学園大学/ブログインフォ一覧