• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 広島
  • 広島文化学園大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 小城 由起子さん(看護学部 看護学科/看護師)

幼少期お世話になった病院で、看護師として貢献したい

先輩の仕事紹介

育ててくれた地域に看護を通して貢献。正確かつ安全で、効率的な看護を心がけています

看護師
看護学部看護学科 卒/2019年卒
小城 由起子さん

この仕事の魅力・やりがい

地域の基幹病院で看護師を務めています。主な仕事内容は、患者様の症状の観察をはじめ日常生活の援助、点滴や注射、手術の準備。さらに入院患者様の対応や書類整理なども行っています。“人の役に立つ仕事に就きたい”と考えていた私にとって、看護師はとてもやりがいのある仕事。日々、患者様やご家族の方からいただく「ありがとう」という言葉。やがて回復し、退院される姿を見る時は特に嬉しい気持ちで胸がいっぱいになります。仕事をする上で重視しているのは、計画を立て効率的に仕事を行うこと。限られた時間内で多くの患者様を受け持つため、順序立てて取り組むことで、焦ることなく正確に、そして安全に看護を行うことを心がけています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

看護師を進路として決定づけたのは高校2年生の頃。家族が大病を患い入院した際、担当してくださった看護師の姿がきっかけとなりました。広島文化学園大学に関心をもったのは進路指導の先生の紹介から。将来の目標に合わせた6つの「キャリア形成コース」で、一人ひとりがめざす看護師像を明確にし、専門性を追求できることに惹かれて入学。入学後は、疑問に思ったことはすぐに調べたり、先生に質問することを心がけました。この習慣は、常に根拠をもって業務に取り組むことが求められる看護師に欠かせないもの。質問に優しく応えてくださり、実習においても一人ひとりに丁寧に指導してくださる先生方の存在はとても大きなものでした。

一般急性期病棟で忙しい毎日ですがやりがいがあります

分野選びの視点・アドバイス

“看護師になりたい”という想いがあれば大丈夫。医療は日々進歩しているので生涯勉強し続けることが大切になりますが、常に初心を忘れず学ぶ姿勢を貫くことは自身の成長につながります。患者様とのコミュニケーションをはじめ、職場スタッフとの「ホウ・レン・ソウ」はとても大切なので、今のうちからしっかりと、自分から発信できるようにしておくといいと思います。学校選びでは、オープンキャンパスへの参加はもちろんですが、可能であれば個人的に大学へ電話をかけて見学をさせてもらうと、普段の様子をより詳しく知ることができるのではないでしょうか。実際に通っている学生や先生方にも、ぜひ積極的に質問してみてくださいね。

先輩方にご指導いただき有意義な1年目を過ごしました

小城 由起子さん

広島県厚生農業協同組合連合会吉田総合病院勤務/看護学部看護学科 卒/2019年卒/勤務先は小城さんにとって地元であり、自身も幼少期よりお世話になっていた病院。“育ててくれた地域に看護を通して貢献したい”と考え志望しました。「疾患は同じでも、症状や患者様の考え方・想いは違います。観察力や洞察力、判断力を身につけることが個別性のある看護につながると考え、日々取り組んでいます」。進路を決める際、地域に暮らす人々の健康状態の改善や地域全体の健康課題の把握などに取り組む保健師の仕事に興味をもち、「キャリア形成コース」で看護師+保健師資格の取得をめざすコースを選択。看護師と保健師、2つの国家資格を4年間で取得した。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

広島文化学園大学(私立大学/広島)