• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 広島
  • 広島文化学園大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 桑木 聡大さん(看護学部 看護学科/看護師)

先輩の仕事紹介

将来はDMATの一員となることをめざし、救命救急の現場で経験を積んでいます

看護師
看護学部看護学科 卒/2019年卒
桑木 聡大さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

「三次救急」という救急最後の砦の一員として、救命救急センターに勤めています。主な仕事は、担当している患者のバイタルサイン(生命兆候:脈拍や血圧、呼吸や体温などの指標)や意識レベル、その他の観察を行うことで異常を早期発見し、医師の診療補助として早期治療へつなげること。この仕事の一番のやりがいは、救命救急センターでの治療を終え、無事に一般病棟へ移動した患者から感謝の気持ちを伝えていただけること。中には私の顔と名前を覚えて接してくださる方もおり、喜びもひとしおです。救命救急は、一つの失敗が患者の生命に関わる厳しい環境です。正しい知識とそれに伴った迅速な行動ができるよう、現在も学びを継続しています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

東日本大震災が発生した当時、各地の看護師が被災地に赴き、被災者に対して心のケアを行っている姿を見て、深い感動を覚えました。その経験がきっかけとなり、看護師やDMAT(災害派遣医療チーム)の一員となるという目標ができました。現在の職場を志望した理由は、三次救急を担う救急指定病院であると同時に大学病院であり、最先端の医療を学ぶ機会が得られると感じたからです。救命救急の現場で経験を積むとともに知識や技術を身につけ、将来はDMATの一員として災害医療に関わりたいと考えています。なりたい職種、働く環境として理想的な病院で仕事ができる今に感謝しながら、強いやりがいを持って日々の看護に取り組んでいます。

治療の要でもある人工呼吸器を用いてケアを行うことも

学校で学んだこと・学生時代

広島文化学園大学に進学した理由は、自分のなりたい看護師像を追求するための教育制度があったからです。私は多様な面での知識を得たいと考えたため、保健師と救命救急に関わる授業をできるだけ多く選択しました。多くの領域の学びを得ることで、自分自身の視野も大きく広がったと感じています。また、志向に応じて専門的なコースを選択できるため、そこで得た知識は卒業後、看護師として仕事を始めた時にそのまま活かすことができました。学内の雰囲気は温かく、先生と学生の距離が近いアットホームな環境。どの先生も優しく、授業の質問や相談などにも親身に応じていただけたことで、充実した大学生活を過ごすことができました。

地域の基幹病院に勤めている自覚を持って頑張ります

桑木 聡大さん

順天堂大学医学部附属浦安病院勤務/看護学部看護学科 卒/2019年卒/将来はDMATの一員となることをめざし、救命救急センターで経験を積む桑木さん。自分だけの進路を見極めるために必要なものは?という問いに対して「自分は何に興味があるのかを突き詰めて考えることです」と答えてくれました。興味を追求することで、何を学ぶべきか、就職先としてどんな病院を志望するべきかが見えてくるといいます。「看護師といっても、働き方は様々です。社会情勢によっては今後も病院実習が難しかったり、遠隔での講義が中心となり、病院で働く実感がわきにくいかもしれません。それでも一つひとつの授業を大切に学ぶことで、未来は拓けると私は考えます」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

広島文化学園大学(私立大学/広島)
RECRUIT