• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 京都
  • 京都光華女子大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 人間健康学群

京都光華女子大学 人間健康学群

定員数:
12人

3学部を連携させた学びで社会ニーズが高まる“健康(ヘルスケア)”分野で活躍できる人材を養成

学べる学問
  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 教育学

    よりよい教育とは何かを様々な角度から研究する

    講義や教育実習を通して、人間が育っていくプロセスのさまざまな問題を研究していく。学校の他、家庭や社会、産業など多方面から人間教育を考え、理論や目的、指導方法などを学ぶ。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

目指せる仕事
  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 医療事務・秘書

    医学・医療知識を備えた秘書

    医療秘書は医師のスケジュール管理、ファイリング、資料作成など医師のアシスタント的な役割をする。医療事務は医療雑務の処理をはじめ、患者さんと医師、看護師と臨床検査技師など医療関連職種の人たちとの橋渡しをする。具体的にはカルテの管理や患者さんの応対、会議の準備や窓口受付業務、レセプト作成、会計事務など、仕事の幅は広い。

bug fix
初年度納入金:2023年度納入金(予定) 151万9100円 
bug fix

京都光華女子大学 人間健康学群の学部の特長

人間健康学群の学ぶ内容

少人数制で“健康”に関するさまざまな知識・スキルを身につける
「健康科学部」の福祉・心理・栄養・運動に関わる学び、「キャリア形成学部」の公共政策に関わる学び、「こども教育学部」の教育に関わる学びを連動させて学びます。各学部の授業を横断的に学ぶことで、多職種への理解と多角的な視点を養い、健康に関わるさまざまな社会的課題を見つけ出し、解決する力を身につけます。また、少人数制で一人ひとりに手厚い教育を展開し、生涯にわたって活用できる知識やスキルを修得します。企業や地域でのフィールドワークやインターンシップに加えて、海外での地域包括的ヘルスケア研修も組まれており(予定)、実感を持ってさまざまな“現場”で学ぶ機会も充実しています。1学年の定員は12名と少人数制のため、教員のきめ細かなサポートのもとで理解を深められます。クラスアドバイザーの教員が学習、資格取得、進路、またキャンパスライフの悩みなどについても手厚くサポートします。

人間健康学群のカリキュラム

地域・政策・働き方×健康、新たな時代における健康のあり方について最先端の知識を身につける
カリキュラムは「福祉と政策」「人と心理」「食べ物と栄養」の3領域を柱に、「健康」に多角的にアプローチする内容です。社会調査やデータ処理等、データサイエンス系の科目やグローバル教育も重視。また、国が推進する地域包括的ヘルスケアの充実における「社会的処方」、ポストコロナ時代における働き方と企業の健康経営の考え方、国連が掲げるSDGs達成のための学びなど、現代社会が直面している課題に応え、解決する力を身につけられる全国的にもめずらしいカリキュラムを設置しています。

人間健康学群の卒業後

自身の興味・関心に応じて、健康に関わるさまざまな職種を目指せる
卒業後は、自身の興味・関心に従い、健康に関する多様な職種を選ぶことができます。例えば、地方・国家公務員として健康に関わる行政に従事したり、ヘルスケアに関連する企業やNPOの一員として社会と健康に関する分野で活躍したりすることが期待されます。近年、アメリカや中国、イスラエルなどのイノベーション先進地域においては、ヘルスケアに関するスタートアップ企業(※)が続々と誕生しています。少子高齢化に直面している日本にもその波が訪れ、既存企業とともにヘルスケア産業全体が拡大していくと予想されています。その時に、「社会と健康」という領域について学び、新たな時代における健康のあり方について最先端の知識を身につけた本学群の卒業生へのニーズは極めて高いと考えています。
(※)まだ世に出ていない、新たなビジネスモデルを開発する企業のこと
【取得可能な資格一覧(予定)】
初級地域公共政策士、グローカルプロジェクトマネジャー(GPM)、社会福祉主事任用資格、情報処理士、社会調査士、メディカルクラーク(R)、ドクターズクラーク(R) など

人間健康学群の設立の背景

多様な人材を輩出してきた本学だからこそできる“健康”への様々な課題を解決できる人材を養成
日本ではこれまで、国を挙げてさまざまな健康増進政策が行われてきました。その成果もあり、国民の平均寿命は2017年には男性が81.09歳で世界第3位、女性が87.26歳で世界第2位と世界でもトップクラスへと躍進しています(出典:厚生労働省「平成29年簡易生命表の概況」より)。現在は、単に長寿であるだけでなく、いかに健康に生活できる期間を延ばすか、私たちが生きる上での満足度をどのように向上させるかといったことに関心が集まっています。加えて、働き方改革やコロナ禍でこれまでとは違う生活様式に変わりつつある中で、貧困、格差、労働環境、社会的孤立といった新たな時代の社会的課題に対処できる人材の必要性が高まっています。
本学には福祉・心理・介護・栄養・運動分野の専門職を養成する「健康科学部」やビジネス・ホスピタリティ・ソーシャル領域を展開する「キャリア形成学部」、教育について学ぶ「こども教育学部」があります。これら3つの学部の授業を横断的に学ぶことで、社会的ニーズが高まる“健康(ヘルスケア)”に関する課題を解決し、新時代における健康を支えられる人材を養成します。

京都光華女子大学 人間健康学群の学べる学問

京都光華女子大学 人間健康学群の問い合わせ先・所在地

〒615‐0882 京都府京都市右京区西京極葛野町38
TEL:075-312-1899(入学・広報センター直通)
jk2@mail.koka.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
京都府京都市右京区西京極葛野町38 JR・近鉄「京都」駅から市バス、京都バス、京阪京都交通バス「光華女子学園前」下車 約25分
「西京極」駅から北へ徒歩 7分

地図

 

路線案内


京都光華女子大学(私立大学/京都)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路

RECRUIT