• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 工学院大学
  • 先生・教授一覧
  • 並木 則和教授(環境化学)

こんな先生・教授から学べます

豊かな自然と快適な生活を守る「化学技術」を開発する先生

環境化学
先進工学部 環境化学科
並木 則和教授
先生の取組み内容

私の専門分野である大気環境工学は、主に2つのパートに分かれます。1つは、空気中、特に住宅やオフィス、工場等の室内空気中で汚染物質がどのように生成して、その後室内にいる人間や製品表面にもたらされるかという挙動を調べる研究です。もう1つは、生成した汚染物質を処理する技術を開発する研究です。具体的には、粒子状物質なら、どの程度の大きさでどのような材質からなる粒子をどの程度の量で処理するかによって、使用する捕集装置(エアフィルタなど)が変わってきます。他にも、代表的なガス状汚染物質であるVOCでは、光触媒による分解や薬剤により吸着除去する研究をしています。近年、環境は社会問題の部分が色濃くなっていますが、この学科では「豊かな自然」と「快適な生活」の両方を、化学技術を応用して守っていくことを目指し学びます。

環境保全に役立てるため、さまざまな実験や実習を通して最先端の化学技術を学びます

授業・ゼミの雰囲気

化学技術について学びながら、今の環境問題にも向き合う授業。就職に繋がる話が飛び出すことも

専門的なことを学べるのはもちろんですが、そのときの環境問題なども交えて授業を進めていくという並木先生。環境問題の答えはひとつではないということ、いろいろな見方があり総合的に考える必要があることなども踏まえて、さまざまなことを教えてくれます。化学技術がどのように社会に貢献できるのかを学び、またそこから就職に繋がる話になることもあります。どちらかといえば地味な分野ですが、企業からのニーズはとても高く、社会に必要な学問だということを、わかりやすい事例とともに学生たちに伝えています。

授業でのこぼれ話がおもしろいと評判の並木先生。研究室は自由な雰囲気で、学生も楽しみながら学んでいます

キミへのメッセージ

美しい自然が好きな人、環境を守りたいと思っている人はぜひ!

自然が好きだという人や、環境を守りたいと思っている人なら、興味を持って学べる分野だと思います。この分野を学ぶと、将来は多種多様な業界で活躍することが可能です。社会に貢献できるやりがいある分野ですよ。

八王子駅からキャンパスまでの5キロ弱を歩いて通勤している並木先生。「自然を五感で触れるのが好きです」

並木 則和教授

専門:大気環境工学(空気浄化、微粒子捕集、VOC処理・分解)
略歴:筑波大学第一学群自然学類卒業。東京工業大学総合理工学研究科社会開発工学専攻修士課程修了。1996年同大学博士(工学)を取得。2013年から工学院大学工学部環境エネルギー化学科教授、現在は工学院大学先進工学部環境化学科教授。大学時代は山登りのクラブに入っていたり、助手時代にはランニングにはまっていたりと、体を動かすのが好き。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

工学院大学(私立大学/東京)