• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 広島
  • 広島工業大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 工学部
  • 機械システム工学科

広島工業大学 工学部 機械システム工学科

定員数:
120人

新しいものづくりに挑戦できるエンジニアを育成

学べる学問
  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    機械工学は、生産機械や自動車、医療機器といった機械やその部品などについて、設計から材料の加工、実際の使用方法までと、実に広大な領域を扱う学問です。試行と分析を繰り返す地道な研究を通じて、よりよいものを作り出すことを目指します。まずは基礎となる力学や数学、設計に使うソフトウエアの使い方や関連する各学問について学ぶことで基礎を固め、徐々に専門的な学びへと進んでいきます。多くの授業では実習や実験が行われ、実際に手を動かしながら、知識や技術、機械工学研究の手法などを身につけていきます。ものづくりをしたい、なかでも目に見えるものを作りたいという人に向いています。卒業後の進路は、機械系はもちろん、材料系や、電気・電子関連にも広がります。また、機械でものを作っている企業では必ずそれを扱う人が求められるため、こうした職種で活躍することもできます。

  • 航空・船舶・自動車工学

    航空・船舶・自動車について科学し、それらの安全性、快適性などを研究する

    機械工学のさまざまな研究成果が生かされた応用編にあたる。実験や実習を通して、輸送用機械及び乗物としての効率や精度などを追求すると同時に、安全性や快適性、環境へのやさしさなどを研究する。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 材料工学

    現代社会が求める新機能をもつ材料を開発

    材料工学とは、新たな材料を生み出すことや、それらを活用するための技術を開発・研究する学問です。「そのままでは有効活用が難しい」とされている物質でも、加工することによって利用価値の高い「材料」にできます。まず、化学、物理、数学といった科目と、材料工学の基礎を学びます。ここで物質の特性をしっかりと理解し、次のステップとして、現在使われている材料について、実験も交えて身につけていきます。金属、無機、有機材料について横断的に学ぶことで理解を深め、専門的な学びや研究へと進んでいきます。

目指せる仕事
  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • セールスエンジニア

    コンピュータの知識豊富な販売員

    中・大型コンピュータ、OA機器販売をする仕事。単に販売するだけではなく、最新システム情報の提供や、経営面でのコンサルティングも担うので、システムの専門知識や、コンピュータ操作力、技術力なども求められる。

  • 機械技術者・研究者

    機械製品や部品の設計から開発まで

    家電製品、通信機器、OA機器など、様々な機械製品の設計・開発をはじめ、製品に必要なパーツとなる部品の製作も手がける。設計用の製図を描いたり、部品の構造や形状・寸法、使用材料など全体の製作工程に関する知識や技術が必要となる。製造後も、改良ポイントの整備をはじめ、新しい技術の導入など常に進歩が求められる。

  • ロボット設計技術者

    安全性・生産性の高いロボットを作る

    産業分野では、危険を伴う作業を安全に行ったり、生産性を向上するためにさまざまな産業用ロボットが活躍している。主に、それらのロボットの設計にかかわる仕事。効率よく作業をさせるためのシステム選びや部品選びをし、作業能力の高いロボットの構造を設計していく。

  • 精密機械技術者・研究者

    電子・光学技術や知識を活かし、カメラ、時計、望遠鏡、顕微鏡、測定器などの精密機械の研究・開発をする。

    精密機械は現在の生活の中では欠かせない。例えば携帯電話にはデジタルカメラが付き、当たり前のように日常生活の中にある。また、医学の世界では極小化するカメラや高性能の顕微鏡、精度の高い測定器などによって飛躍的に治療や診断、手術の方法なども変化している。これらの精密機器の設計、開発、製造管理などを行うのが精密機械技術者。精密機器メーカーで活躍するのが一般的で、営業などと組み、どのような商品をどういう目的でどのくらいの形状にしたいかなど、十分に打ち合わせをして製作する。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2020年度納入金(参考) 161万5000円  (入学金25万円含む)

広島工業大学 工学部 機械システム工学科の学科の特長

工学部 機械システム工学科の学ぶ内容

工学に関する専門技術と知識に加え、エンジニアに求められるさまざまな能力を磨く
家電をはじめ航空宇宙、自動車、医療機器、ロボットなど広い分野に関わる知識を修得。機械力学、材料力学、熱力学、流体力学を中心に、広く専門知識や技術を修得。さらに技術革新の方法や計画を立案する力、グローバルな視点、革新的なものづくりに果敢に挑戦する力など、エンジニアとして欠かせない能力を高めていきます。

工学部 機械システム工学科のカリキュラム

教育研究の分野
「デジタルものづくり分野」…安全性と機能を両立した機械を設計製作する能力を修得。
「先端材料分野」…鉄鋼材料の基礎理論、非鉄金属材料や航空宇宙材料の強度特性について学修。
「環境エネルギー分野」…エネルギー変換技術について学修。
「制御システム分野」…電気電子システム、制御機器、情報システムについて学修。

工学部 機械システム工学科の学生

「工場のライン作業を観察し、改善点を探る過程が楽しい」(岡本 万里奈さん/下松高校出身)
工場見学をきっかけに「作業効率の改善」に関心をもちました。現在は、経営工学を専門とするゼミに所属し、実際の工場のライン作業を動画で記録し、改善点を見つける研究を行っています。「効率の良し悪しを決める基準とは?」「効率を良くするにはどうする?」など、自分なりに改善点を探る過程にやりがいを感じています。
「考察と異なる現象が起きた時、新発見に胸が躍ります」(小方 雄斗さん/廿日市西高校出身)
金属材料の腐食について研究しています。研究を進める中で自分の考察とは異なる現象が起きた時、その現象についてさらに解析を行います。解析結果が新しい発見につながることもあり、いつも心躍らせています。こうした発見に出会えた時、そして現象について解明できた時などは、強い手応えを感じ、探求心がより深まります。
「研究を通して学んだPDCAサイクルを今後に活かしたい」(梶田 健さん/広島国泰寺高校出身)
マグネシウム合金に関する研究に取り組み、PDCAサイクル(Plan・Do・Check・Actionを繰り返し業務を改善する手法)について学修しました。データを収集する際、実験値のばらつきを解消するために冶具を作製し、再度データを取るなどの手順を踏むのです。こうした取り組みの結果、日本鋳造工学会で奨励賞を獲得できました。

工学部 機械システム工学科の卒業後

輸送機器、電気機器などの製造業、機械設計、設備工事、教員など多彩な分野で活躍
機械工学を深く学び、高度な知識を備えた技術者として動力機械、生産機械、輸送機械、ロボット、情報機器、家電といった機械製造業を中心に、鉄鋼などの素材産業、広島地区に多い自動車や造船メーカーなどの関連分野も対象です。それらの企業では設計、開発、製造、生産技術、生産管理などの分野で活躍しています。

広島工業大学 工学部 機械システム工学科の学べる学問

広島工業大学 工学部 機械システム工学科の目指せる仕事

広島工業大学 工学部 機械システム工学科の資格 

工学部 機械システム工学科の取得できる資格

  • ボイラー・タービン主任技術者<国> (第1種:実務経験6年以上、第2種:実務経験3年以上) 、
  • 高等学校教諭免許状【工業】<国> (一種) 、
  • 高等学校教諭免許状【情報】<国> (一種)

昇降機検査資格者 (実務経験2年以上) 
建築設備検査資格者(実務経験2年以上)
廃棄物処理施設技術管理士 (実務経験3年以上)

工学部 機械システム工学科の受験資格が得られる資格

  • 建築設備士<国> (実務経験2年以上) 、
  • 建築施工管理技士<国> (1級:実務経験3年以上、2級:実務経験1年以上) 、
  • 建設機械施工技士<国> (1級:実務経験3年以上、2級:実務経験1年以上) 、
  • 電気工事施工管理技士<国> (1級:実務経験3年以上、2級:実務経験1年以上) 、
  • 管工事施工管理技士<国> (1級:実務経験3年以上、2級:実務経験1年以上) 、
  • 作業環境測定士<国> (第1種・第2種。実務経験1年以上)

整備管理者(実務経験6ヶ月以上で3級受験可能) 
ガス溶接作業主任者(実務経験1年以上) 
労働安全コンサルタント〈国〉(実務経験5年以上) 
労働衛生コンサルタント〈国〉(実務経験5年以上)

工学部 機械システム工学科の目標とする資格

    • 技術士<国> 、
    • 技術士補<国>

    衛生工学衛生管理者

広島工業大学 工学部 機械システム工学科の就職率・卒業後の進路 

工学部 機械システム工学科の主な就職先/内定先

    山九株式会社、株式会社サンテック、JFEスチール株式会社(西日本製鉄所)、新日本造機株式会社、株式会社ダイクレ、戸田工業株式会社、株式会社日本製鋼所(広島製作所)、広島アルミニウム工業株式会社、株式会社ヒロテック、松本重工業株式会社、三菱電機ビルテクノサービス株式会社 ほか

※ 2019年3月卒業生実績

広島工業大学 工学部 機械システム工学科の入試・出願

広島工業大学 工学部 機械システム工学科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒731-5193 広島市佐伯区三宅2丁目1-1
フリーダイヤル 0120-165-215

所在地 アクセス 地図・路線案内
広島県広島市佐伯区三宅2丁目1-1 「五日市」駅からスクールバス 15分
「山陽女学園前」駅から徒歩 15分
「楽々園」駅から徒歩 15分

地図

 

路線案内


広島工業大学(私立大学/広島)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路