• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 弘前学院大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 工藤 鮎子さん(社会福祉学部/精神保健福祉士)

私立大学/青森

ヒロサキガクインダイガク

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

精神保健福祉士  として働く  工藤 鮎子さん  にインタビュー!

  • 医療・福祉業界
  • 医療・福祉系専門職
  • 人に喜んでもらうのが好き
インタビュー

患者さんやご家族の思いに気づき、共に歩める存在であり続けたい

この仕事の魅力・やりがい

患者さんやご家族と関わるなかで感謝の気持ちを伝えていただけると、素直に嬉しい気持ちと今後の向上心にもつながります。自分の不甲斐無さに落ち込むことも多々ありますが、先輩方がその姿を見守ってくださる、支えて下さる方々が身近にいることを感じられています。今は病院という環境下ですが、長期入院の方への退院支援について学びたいと思っています。新たに介護支援専門員や相談支援専門員の資格を取得し、ゆくゆくは地域生活を支える役割を担っていきたいです。

精神保健福祉士として働く工藤 鮎子さん

将来は新たな資格も取り、地域を支えていきたいです

精神保健福祉士として働く工藤 鮎子さん
今の仕事との出会い・きっかけ

感謝の気持ちを伝えてもらったときは嬉しいです

今の仕事との出会い・きっかけ

精神科病院での実習のとき、「ソーシャルワーカーは地図のような存在」ということを学ぶことができました。目的地に行くまでに様々な道程があるけれど、どの道を行くのかは本人が決めるということです。本人や家族の意思表示に気づき、共に歩める存在になりたい、この世界に一歩踏み出してみようと思いました。そんな思いから始まった大学時代は「頑張りすぎず、でも頑張る」を目標に取り組んでいました。仲間や先生と同じ目標に向かって取り組むこと、自分の言葉や行動で相手に思いを伝えることの大切さを学ぶことができたと思います。

後輩への応援&アドバイス

今の仕事には、とても遣り甲斐を感じております

後輩への応援&アドバイス

人間性や知識などが求められる職場で、自分らしさが必要であると思います。どの職種でも共通するかもしれませんが、挨拶や報告、相談や確認することなど、当たり前にできることを当たり前にこなせなければならないのだと思います。私は自分が描いていた人生とは違う道を進んでいます。ある日突然転機はやってくるもので、それに気づけるかどうかです。今の環境でどれだけ頑張れるか、自分を信じて今しかできないことに取り組んでいただけたらと思います。

プロフィール

工藤 鮎子さん のプロフィール

医療法人 芙蓉会 芙蓉会病院/社会福祉学部社会福祉学科地域医療連携室

この先輩が卒業したのは…

弘前学院大学 社会福祉学部

学校イメージ

社会福祉学部では「学生の臨床実践力の向上」を目ざして、さまざまな取り組みがなされています。具体的には、地域の福祉施設や支援機関における日常的なボランティア活動がスムーズに展開できるための必要な支援を行っています。学びにおいても、理論と実践とが統合化されたバランスの良い学習が展開できるよう配慮がなされています。1年次の基礎演習では少人数による学習活動が展開され、基礎的能力の向上を図ります。3・4年次に開講されている専門演習では、各担当教員たちが提示した学習テーマの下で、各自が専門的な学びを行なうことを目的とした学習活動が展開されます。4年次の演習では、さらに発展・深化した学習課題に取り組みます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

弘前学院大学(私立大学/青森)