• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 甲子園大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 嶋崎 珠さん(栄養学部 栄養学科/管理栄養士)

私立大学/兵庫

コウシエンダイガク

外来や病棟で多くの患者様の食事相談に乗っています

先輩の仕事紹介

食事を通して患者様の身体も心も元気に! 1年目から栄養管理を任されています

管理栄養士
栄養学部 栄養学科 臨床栄養療法コース/2018年3月卒
嶋崎 珠さん

この仕事の魅力・やりがい

大学病院に勤務する管理栄養士として、献立管理をはじめ、外来と病棟での栄養管理や栄養指導、他の専門職と栄養サポートチームを組んで入院患者様の栄養管理などを行っています。就職して1年目の今、何よりも力を入れて取り組んでいるのが病棟での栄養管理です。手術後の痛みや不安で食事が進まない患者様と話をさせていただき、食べやすい物をお聞きしたり、食事が難しければ補食をご提案したりしています。患者様が食べられるようになり、「話を聞いてもらって元気になったよ」と声をかけてくださった時ほど、うれしいことはありません。食事の相談をされ、患者様が頼りにしてくださることに、やりがいを感じています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

管理栄養士を目指そうと思ったのは、高校生の時です。親が入院して食事がとれない時期が続いていた時に、相談に乗ってくれたのが管理栄養士さんでした。母親からその話を聞いて、管理栄養士という仕事があることを教わったのがきっかけです。もともと料理やお菓子を作ることが好きで、高校では調理師の免許が取れる食物学科に進んだのですが、そのことをきっかけに、食事に関して、もっと深く学びたいと考えるようになりました。そして将来の仕事を考えた時、料理を作る側よりも、食事や栄養について指導する立場のほうが面白い仕事ができるんじゃないかと考えて、管理栄養士を目指しました。

患者様一人ひとりの状態に合わせた献立を作成します

学校で学んだこと・学生時代

甲子園大学の栄養学部は、先生と学生の距離が近く、病院の管理栄養士を目指す私にとって、とても相談しやすい環境が整っていました。臨床栄養の先生をはじめ、医学や様々な分野の先生に相談し、アドバイスをいただいたのは、病院の種類や特徴について早くから下調べをしておくこと、1・2年生の間は授業をしっかりと受けるということです。4年生になって、就職活動が始まってから調べるのでは遅く、また、国家試験の勉強を疎かにせずに就職活動をするためにも、「普段の授業で自分の頭に叩き込みなさい」と、ご指導いただきました。そのお陰で、国家試験に余裕を持って臨め、病院に就職するという希望をかなえることができたんだと思います。

大切にしているのは不安や悩みをお話しいただくこと

嶋崎 珠さん

愛媛大学医学部附属病院 栄養部勤務/栄養学部 栄養学科 臨床栄養療法コース/2018年3月卒/大学院進学を視野に入れ、興味ある専門分野を見つけたいと目標を語る嶋崎さん。「愛媛大学の附属病院に決めてよかったと思うのは、1年目から病棟管理を任され、時間があれば厨房に入って勉強もできる、自由に学び早く成長できる環境があることです。病院に就職するには、地域にこだわらないことが大事。関西に限定してしまうと、自分の可能性を狭めてしまうことになります。私も関西か愛媛かで迷いましたが、どこに行っても頑張るぞという気持ちだったので、先生のアドバイスで愛媛を選び、今があります」と、自信あふれる笑顔で話してくれました。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

甲子園大学(私立大学/兵庫)