• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 兵庫
  • 甲子園大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 中村 奈央さん(栄養学部 栄養学科/管理栄養士)

私立大学/兵庫

コウシエンダイガク

フィールドで戦う選手の後ろには、管理栄養士がいます

先輩の仕事紹介

「食」を通して、未来のプロアスリートを育てる。管理栄養士の日本代表をめざします!

管理栄養士
栄養学部 栄養学科 スポーツ栄養コース/2012年卒業
中村 奈央さん

この仕事の魅力・やりがい

私は食品会社の研究所に所属し、一般社団法人セレッソ大阪スポーツクラブに管理栄養士として駐在勤務しています。主な仕事内容は、プロサッカー選手をめざす子ども達の栄養管理。家族のサポートが必要な年代なので、保護者向けの講習会や個別指導も行います。講習会では、家族と一緒に取り組めるワーク形式を取るなどの工夫で、「食」と「からだ作り」の密接な関係についてレクチャーしています。選手達から「教えてもらったレシピでご飯を作ったよ」「このメニューで貧血が改善されたよ」という声を聞くたびに、身の引き締まる思いがします。日本を代表する未来のプロアスリートたちを育てるという、誇りとやりがいのある素晴らしい仕事です。

業界ココだけ話!

「管理栄養士」というと「もくもくと食事の献立を考えている」イメージになりがちですが、実は様々な業種の人と関わる機会が多い職業です。私の場合は研究所・駐在先の同僚や上司はもちろん、スポーツクラブに通う小学校高学年から高校生までの子ども達やその保護者、チームのコーチなど、幅広い年代や立場の人と仕事をしています。小学校で働く管理栄養士であれば、幼い子どもたちと関わる機会もあるでしょう。将来自分が「どこで」「どんな」管理栄養士になりたいのか?を考えることが重要です。そういった意味で、学生時代に様々な現場実習を経験し、社会人の先輩方と交流できたことが今の仕事にも活きていると感じています。

スタッフとのコミュニケーションも密にとります

これからかなえたい夢・目標

スポーツも食べることも好きだった私にとって、「スポーツ栄養」をコースとして設置している甲子園大学での学びは非常に有意義なものでした。この職場に就いて3年目に入り、最近ではトップチームの栄養管理に携わることも増えました。キャンプや試合時のメニューをホテルに伝えたり、社内で考案したメニューを選手達に提供したりしています。これからも選手達と一緒に、同じ方向を向いてがんばっていきたいと強く思っています。将来子どもたちがトップ選手になって、「中村さんがいてくれてよかった」と思えるようにしたい。管理栄養士として日本のスポーツ界をずっと支えていけたらと思います。

栄養指導も大切。献立を考えるだけじゃないんです

中村 奈央さん

日本ハム株式会社中央研究所 勤務(一般社団法人セレッソ大阪スポーツクラブ 駐在)/栄養学部 栄養学科 スポーツ栄養コース/2012年卒業/大学卒業後、委託の給食会社に2年間務めた中村さん。「大学のゼミでは学生同士で国家試験対策の勉強会を開いたり、先生のサプライズ誕生日パーティーを行っていました。卒業して5年が経った今でも、友人たちと定期的に会って、それぞれの職場の情報交換や、同業者ならではの“あるある話”で盛り上がります。甲子園大学の魅力は、先生との距離が近くてアットホームな校風。分らないことがあったら、どんな些細なことでも先生に尋ねてみてください。100%のチカラで応えてくれますよ。」とアドバイスをくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

甲子園大学(私立大学/兵庫)