• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 甲南大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 理工学部
  • 機能分子化学科

私立大学/兵庫

コウナンダイガク

機能分子化学科

募集人数:
60人

「環境分析」「無機材料」「有機材料」「光エネルギー」「表面・界面」「生体材料」などをキーワードとする12の研究室

学べる学問
  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 応用化学

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていくための研究をする

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていく方法を追及する学問。新しい素材の開発や、医薬品の開発まで、その範囲は多岐にわたる。

目指せる仕事
  • 化学技術者・研究者

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品を、製品開発したり、製造技術の開発などを行う。

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品に関して、新しい製品を開発したりするのが、民間企業(化学メーカーなど)にいる化学研究者。一方、国や学校などの研究所で活躍する化学研究者は、直接すぐに製品になるものというよりも、ある化学薬品の試薬を発見する研究だったり、特定の動きをする化学物質の研究だったりと、基礎的な研究になりがち。また、これらの化学研究を行うために必要な設備技術や化学製品を作成するための技術開発などの研究を行う研究者もいる。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2017年度納入金 158万4000円  (入学金30万円を含む。実験及び実習を履修する場合は1科目につき1万円~1万5000円必要。)

学科の特長

学ぶ内容

理学と工学の融合した化学を追究
物質の持つ機能を、物質を構成する基本単位である分子のレベルから理解するとともに、現代社会に役立てる手法を学ぶ。「工学的応用を想定した理学」と「理学的展開を想定した工学」の視点により、純粋化学と応用化学の融合した教育研究を行う。

カリキュラム

社会の要請に応える機能分子化学教育“体験積み上げ型”カリキュラム
1年次から実験科目が始まり、3年次までに基本的な実験操作から化学の基礎技術までを、段階的に修得する「体験を通した化学教育」を行っている。さらに4年次には専門研究室で先端の研究を行う。また実験・演習科目が多く、教員と学生とが対話する時間(コンタクトタイム)を長くとるようにカリキュラムが組まれている。

研究室

基礎研究から先端技術まで幅広い研究を実施
4年次の機能分子化学卒業研究では、「環境分析」「無機材料」「有機材料」「光エネルギー」「表面・界面」「生体材料」などをキーワードとする12の研究室のうちいずれかの研究室に所属し、基礎研究から先端技術まで幅広い研究を行う。
塗って作る太陽電池
有機材料化学研究室では、高分子の新たな応用を目指している。高分子というと繊維、プラスチック、ゴムなど「かたち」としての機能を利用するのみであった。この高分子に発電できる機能を付与した新しい材料を作り、この材料を溶かしたインキを塗ることで、塗って作る太陽電池の実現を目指している。
溶液を使わない、全固体型リチウム電池を開発中
無機固体化学研究室では、イオンが固体中を高速で移動する現象を利用して、全固体型のリチウム電池を開発している。この電池は従来の電池の抱えている問題点をクリアし、非常に安全性の高い電池になる可能性がある。この開発には学生も参加したが、研究に取り組んだ経験は、企業の研究・開発現場で役に立つであろう。

雰囲気

教員との強いネットワーク
教員とのつながりを重視する機能分子化学科では、1年次から4年次まで積み上げていく実験科目を通して、卒業までしっかり指導する。教員との強いネットワークにより、知識だけでなく、研究に取り組む考え方そのものを学ぶことができる。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【理科】<国> (1種) 、
  • 中学校教諭免許状【理科】<国> (1種) 、
  • 小学校教諭免許状<国> (1種) 、
  • 司書<国> 、
  • 司書教諭<国> 、
  • 毒物劇物取扱責任者<国>

※小学校教諭免許状は、親和女子大学通信教育部の科目等履修生として必要な単位を修得することにより取得可能

受験資格が得られる資格

  • 危険物取扱者<国> (甲種)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    小野薬品工業 、 ハリマ化成グループ 、 鳥居薬品 、 持田製薬 、 みずほフィナンシャルグループ 、 大阪市教育委員会 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒658-8501 神戸市東灘区岡本8-9-1
TEL 078-435-2319(入試センター直通)
ao@adm.konan-u.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
岡本キャンパス : 兵庫県神戸市東灘区岡本8-9-1 阪急神戸線「岡本(兵庫県)」駅から徒歩約 10分
JR神戸線「摂津本山」駅から徒歩約 12分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

甲南大学(私立大学/兵庫)