• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 皇學館大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 現代日本社会学部
  • 伝統文化分野

私立大学/三重

コウガッカンダイガク

伝統文化分野

日本人が大切にしてきた文化と価値観を学び、日本の伝統を継承し、新しい文化を未来に発信できる人材を育てます。

学べる学問
  • 歴史学

    日本や世界各国の歴史と文化を研究する

    人間の文化、政治、経済などの歴史上のテーマを、それがどのように起こり、どんな意味をもつのか、資料や原典にあたり、実証的に研究、現代に生かしていく学問。

  • 日本文化学

    日本独自の文化について研究する

    文学、芸術、民族、思想、日本語など、日本文化の特色をとらえ、日本の風土、歴史、社会などとの関連性を研究。異文化との比較研究も行う。

  • 政治・政策学

    行政・都市・民族・外交・産業など多方面から政治のあり方を考える

    政治学では、理論と実例研究を通して国際社会や国家、地域社会などの政治現象を研究する。政策学は、フィールドワークを基礎にした問題発見・解決型の社会科学。

  • 総合政策学

    学問分野の枠を超え、現代の社会問題解決に向けて研究する

    複雑化・国際化した現代社会の課題を解決するための政策立案・遂行に向けて、学問の枠を超えて研究し、問題の解決手法を探る。

  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • 観光学

    文化交流やビジネスの側面を持つ観光の研究を通じて、観光業で必要とされる知識や技術を学ぶ

    観光地計画・観光事業経営・観光文化などの分野がある。観光の理論から、ホテル業、旅行業などの実務的な知識も学べる。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶ。

  • 文芸学

    作品や作家を研究したり。自らの創作能力を磨く

    文学を芸術の一分野、言語芸術としてとらえ、小説、詩、評論などの作品を通して考察し、自ら創作していく学問。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

目指せる仕事
  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 警察官

    日々の防犯活動と、事件・事故の迅速な解決が要。人々の生活と安全を守る

    社会の治安を守るために、個人の生命や身体、財産を保護し、犯罪の予防や鎮圧、捜査、被疑者の逮捕、交通の取り締まりなどを行う。警察官には、巡査、巡査長、巡査部長、警部補、警部、警視、警視正、警視長、警視監、警視総監といった階級がある。

  • 政治家

    国や自治体を動かす行政のリーダー

    国会で重要な議案を決めたり、県・市・区議会などや、各種委員会に出席し、さまざまな案件について議論し、方向性を見つけていくことが仕事の中心。さまざまな人物と交流して案件を吸い上げたり、他の議員と情報交換したりすることも。先見性、情報収集力、分析力、決断力なども必要となる。

  • 会社経営者

    会社の業績、戦略判断、すべてに関して最終判断と責任を負う

    会社が活動を行う上での、事業戦略、資金対策、取引先対応、社員管理などあらゆる問題について、次の方向を示したり難しい決断を下したりする最高責任者。大企業以外では営業活動の第一線で活躍していることも少なくない。

  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • 編集者

    本や雑誌の企画・編集から取材まで

    書籍や雑誌などの本づくりのプロフェッショナル。企画を立て、執筆者やカメラマン、デザイナーに仕事を依頼し、それをまとめるのはもちろん、印刷所との折衝など、本が完成するまでの全工程に携わる。

  • 図書館司書

    本に関する情報整理の専門家

    公共図書館の専門職員として本や資料の収集・分類整理、蔵書の貸し出し、読書指導などを行うのが仕事。学校の図書館で働くためには教員普通免許を取得し、司書教諭の講習を修了することが必要。

  • 新聞記者

    社会の動きをとらえて伝える

    新聞社に勤めて、記事を書くのが仕事。その中でも取材記者、原稿の誤りを正す校閲記者、整理記者と、仕事が分担されている。取材記者は事件や事故が起これば、現場に急行し、独自ネタを拾い出して記事にする。社会を見る自分なりの視点やフットワークが必要。

  • ジャーナリスト

    報道を通して、現実社会を浮きぼりにする

    ひとことで言うと、報道に携わる仕事をする人。放送記者、新聞記者、ルポライター、フリーライター、雑誌記者、キャスター、フォトジャーナリストなどを指す。「ジャーナリスト」とはその総称ともいえる。ジャーナリズムの影響力は大きく、報道の仕方によっては、国民意識や政治まで変えることもある。

  • 学芸員

    資料の研究や展示の企画などを行う、博物館などの専門職員

    博物館や美術館に勤務し、資料や作品の調査、研究、収集、保管から展覧会の企画・運営をしたり図録作成など幅広い業務を行う。デパートなどで、美術展の担当部署で働く場合もある。

初年度納入金:2017年度納入金 125万円 

学科の特長

学ぶ内容

日本の伝統文化を再発見し、新しい価値創造をめざします
伝統継承とは、日本の伝統を復活させることではありません。伝統文化にひそむ美意識や、繊細な技術など、日本人が作り上げてきた「こころ」を受け継ぎ、新しい価値・文化を創造する。それが、本分野の伝統文化の継承・発展。それは、今を生きる私たちにしかできないことです。

授業

日本の文化や伝統を体得した上で、将来、どう生きていくかまで考えます
「現代日本演習」では、建築・工芸、礼法・芸能・文学・歴史などから、自分が最も興味を持った分野について、その背景にひそむ日本のこころを学びます。また「課題研究演習」では、大学で学んだ知識や体験を総合し、自分がこれから生きていく中でどのように活かしていけばいいのかを考えます。

実習

日本の伝統文化の継承者に出会い、自分が生きていくうえで大切なことを学びます
日本人が創造し、時代を超えて継承し、洗練してきた文化を次の世代に受け継ぐこと。その意義と価値を学ぶために、インターンシップでは地場の伝統企業や、京都の伝統工芸品メーカーなどを訪れます。こうして日本の文化とその継承者に出会い、これから自分が文化を継承・発展させるためのヒントと人脈を手に入れます。

研究テーマ

日本文学・日本思想・伝統文化・伝統技術の分野で日本の問題を解決できる力を身につけます
建築・工芸などの「ものづくり」、礼法・芸能などの「人づくり」の底流に存在する日本文化の特性を理解し、実社会で運用しながら新しい伝統を継承する技術を養成。また、アニメを題材にしたサブカルチャーの研究を行うなど、自ら興味を持った課題に対して、適切に調査・分析し、成果を表現できる能力を身につけます。

卒業後

希望の就職を実現するキャリア・コンパス・プログラム。伝統産業分野やNPOなどで活躍!
次世代社会の中核を担う人材を育成する「キャリア・コンパス・プログラム」。「専門教育」の他に「キャリア教育」、「体験学修」、「課外講座」、さらに「就業実務能力」を養成する授業を行い、知識を実社会で使いこなすスキルを修得。卒業生は各種伝統産業分野や、NPO法人、各種文化施設などで活躍しています。

教育目標

伝統文化を肌で感じながら、日本の心と技をバランスよく学びます
「茶道」「礼法」「合気道」「薙刀」などの日本の伝統文化を実際に体験しながら継承する実習が充実。心と技の両方をバランスよく学び、日本人が本来持っている謙虚で美しい精神を身につけ、感性を磨き、日本の伝統文化を世界に発信できる人を育成します。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 司書<国> (図書館) 、
  • 学芸員<国> (博物館)

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 96.3 %

( 現代日本社会学科全体/就職希望者数81名、就職者数78名 )

主な就職先/内定先

    岡三証券 、 アサヒグローバル 、 ゆうちょ銀行 、 百五コンピュータソフト 、 日本郵便 、 松阪地区広域消防組合 、 JA 、 三重県警 、 三重県厚生事業団 、 三重大学医学部附属病院 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

※現代日本社会学部現代日本社会学科全体

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒516-8555 三重県伊勢市神田久志本町1704
入試担当 TEL 0596-22-6316
E-mail nyusi@kogakkan-u.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
三重県伊勢市神田久志本町1704 「五十鈴川」駅から徒歩 15分
「伊勢市」駅からバス 皇学館大学前下車 14分
「伊勢市」駅から徒歩 25分
「宇治山田」駅からバス 皇学館大学前下車 10分
「宇治山田」駅から徒歩 20分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

皇學館大学(私立大学/三重)