• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 皇學館大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 川島ひかるさん(教育学部 教育学科/幼稚園教諭)

私立大学/三重

コウガッカンダイガク

先輩の仕事紹介

子どもたちと毎日にいっしょに「楽しいことみつけ」をしています。

幼稚園教諭
教育学部教育学科幼児教育コース/2017年卒
川島ひかるさん

この仕事の魅力・やりがい

こどもたちには大人にはない「アンテナ」があって、楽しいことや面白いことを見つけたときにはとてもキラキラした表情になります。子どもたちの目線でアンテナを張り、「わぁ、すごいね!なんでだろう?おもしろいねー」と一緒に感動したり考えたり、笑ったりしているとき「あ、今この子たちとつながった!」と感じるんです。その瞬間が私は大好きです。気持ちを共有して子どもたちとのつながりを深めていくたびに、大きなやりがいを感じています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

中学生くらいのときから保育士か幼稚園教諭になりたいと思ってました。どちらにしようか迷っていたとき、大学3年生で行った実習先の幼稚園の先生との出会いが幼稚園教諭を選んだきっかけです。子どもたちだけでなく先生もとても楽しくしていて、キラキラして見えました。実習最終日にその先生が「川島先生は暖かい雰囲気を持っているから、その優しい気持ちで子どもたちを包み込むような保育をしてくださいね」とおっしゃってくださったんです。今でもこの言葉を忘れず実践しています。また、幼稚園は教育を基本としていて、子どもが考え発見していく力を身につけるところ。その考える力を育てていきたい、と思ったのも理由のひとつです。

分野選びの視点・アドバイス

公立の園のよいところは、市内のいくつかの園、小学校・中学校を見学したり、先生方から話を聞いたりする研修制度があることです。子どもたちの今後を見据えて子どもたちの教育・保育に関わることができるのは公立ならではなのかな、と思います。いろんな先生から話を聞いて、教えていただいたことを、毎日の環境づくりにも役立てられるよう心がけています。今私がやっているのは、子どもたちが「先生おはよー」って教室に入ってきた瞬間「わー、楽しそう!これはなんだろう?遊びたい!」と思ってもらえるような空間づくりです。これからも子どもたちのことを一番に思い、考える力を育んでいける先生になりたいと思っています。

川島ひかるさん

四日市市立海蔵幼稚園/教育学部教育学科幼児教育コース/2017年卒

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
学校イメージ

この学校のおすすめ記事

皇學館大学(私立大学/三重)