• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 三重
  • 皇學館大学
  • 先生・教授一覧
  • 中松 豊先生(教育学)

こんな先生・教授から学べます

「寄生」される昆虫から「免疫」のしくみを解明する先生

教育学
教育学部 教育学科
中松 豊先生
先生の取組み内容

生物のからだには、異物が入るとそれを排除しようとする「免疫」という働きがあります。そんな生物の免疫について、私たちは「アワヨトウ」という聞きなれない名前の蛾の一種と、そこに卵を産む「寄生蜂」を使って研究をしています。アワヨトウのからだに蜂の卵が入ったとき、なぜ免疫は働かないのか。その理由は、蜂が持つ「毒」と「共生ウイルス」にあるということが分かってきました。スズメバチが相手を攻撃する毒を持っているように、寄生蜂は、免疫のシステムを撹乱させる毒を持っているのです。そんな研究をベースに、さまざまな昆虫の飼育や実験を行い、その中で新種の蜂を発見したこともありました。また、観察や実験のために飼育している昆虫を、地域の小中学校や高校へ教材として提供したり、昆虫を使った出前授業をおこなったりしています。

肉眼ではなかなか見えない「細胞」。寄生蜂の研究過程で発見されたため、教材への応用を考えています。

授業・ゼミの雰囲気

出前授業やイベントに学生主体で参加。虫の生態を知り、見て触れて、命の大切さを教えています。

ゼミ生のほぼ全員が、教員や保育士志望のため、小学校へ出向き出前授業を行ったり、三重県立総合博物館等で、子どもを対象にしたイベントを企画・運営したりする機会を設け、経験を積んでいます。子どもたちにとっても小さな頃から虫に慣れるきっかけになり、はじめは遠巻きに見ていた虫嫌いの子が、最後には「面白い」と近くで観察してくれることも。虫の生態、食物連鎖、虫が何を嫌がって、何をしたら弱ってしまうのか。見て触れて、はじめて実感できる命の大切さを、学生自身にも感じてもらいながら教育・研究していけたらと思います。

子どもたちの前で「寄生」や「解剖」を見せ詳しい説明ができるのは、普段から研究活動を行っているから!

キミへのメッセージ

子どもたちの前で実験・観察の面白さを伝えられる先生になってください。

子どもは時々、思わぬ質問を投げかけてきます。それに応えるのは想像以上に大変。大学では実験や観察をたくさん行い、失敗もする中で知識や技術を養い、教科書の1行から10のことを教えられる先生になってください。

実験を繰り返し、自作の教材を使って授業のできる先生は、子どもたちにより多くのことを教えられると言う。

中松 豊先生

専門:理科教育学 昆虫生理学
略歴:高校教員を13年間勤め、2001年に名古屋大学大学院生命農学研究科へ進学し博士課程後期修了。2008年皇學館大学教育学部教育学科の准教授となり、2014年教授、2019年に教育学部長に就任。蛾の一種であるアワヨトウの幼虫に寄生する寄生蜂を使い、昆虫免疫のしくみについて研究。高等学校教科書の「免疫」の項目における血球の食作用の観察について、昆虫を用いた教材開発や各種講習会なども行う

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…
学校イメージ

この学校のおすすめ記事

皇學館大学(私立大学/三重)