• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 千葉
  • 国際武道大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 當麻 純平さん(体育学部/消防士)

私立大学/千葉

コクサイブドウダイガク

1秒を争う現場は、無駄のない動きが求められます

先輩の仕事紹介

「ありがとう」の一言が勇気と充実感を与えてくれる。頼りにされるように実力アップを

消防士
体育学部体育学科/2016年3月卒
當麻 純平さん

この仕事の魅力・やりがい

消防車の運転や火災現場では、警防隊の一員としてホースを持って消火したり、ときには救急隊と一緒に出動もします。そんな様々な現場で「ありがとう」と声をかけていただくことがあります。自分は消防士として当然のことをしているのに、感謝してもらえる。こんな時は、人を助ける仕事に従事していて良かったと感じます。また、職場の上司や先輩が、自分たち新人の意見・提案もしっかり聞いてもらえるのも魅力のひとつです。それは、勤務時間中はずっと一緒に行動し、現場ではお互いの命を助けあいながら仕事をしている、そんな家族みたいな信頼関係で結ばれた職場環境だからだと思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

大学に入学したときは、教員志望。部活もバスケットボールをやっていたので、将来は体育教員になって生徒に教えたいと考えていたからです。しかし消防士になった高校の先輩の話を聞いて、その仕事に興味を持ち始めたのです。父が自衛官で兄が警察官という職業に就いていた家庭環境も影響されたのかもしれません。“誰かのためになる・人を助ける”そんな仕事がしたいと次第に思うようになったのです。バスケットボールを教えるなら、教員でなくてもクラブチームなど、機会はいろいろとありますが、火災現場や救急現場で人を救う仕事は消防士しかない。そう考えるようになり3年生から公務員対策講座を受講し、消防士を目指しました。

防火服を素早く着る方法を、隊員各自で工夫しています

学校で学んだこと・学生時代

消防士の仕事は自分で考えて行動すること、そんな積極性が求められます。つねに前向きに行動することが大切ですが、その点は体育大学出身なので、体力的・精神的にも“あきらめない”という心は在学中にすでに鍛えられており、すぐに順応できました。また、コミュニケーション力についても団体競技の経験が活かされています。現場では隊員たちが、それぞれの役割を果たすとともに、助け合いながら働くというチームワークが重要だからです。さらに武大では、先輩後輩にとらわれずお互いに意見を言うことができる環境だったことも今に活かされています。先輩や上司にも積極的に考えを伝えることができるスキルを身につけました。

フル装備で20kg以上にもなる防火装備で活動

當麻 純平さん

袖ヶ浦市消防本部・平川消防署/体育学部体育学科/2016年3月卒/大学入学時は、バスケットボール部への入部を迷っていたが、仲間に誘われ入部し、しだいに面白さに魅かれ熱中していった。最終的には、大会で良い成績は残せなかったが、4年間チームのメンバーと練習に一生懸命打ち込んできた「充実感」と「達成感」があったからこそ、清々しい気持ちで終えることができた。武大時代に学んだ、目標に向かい物事に真剣に取り組むことの大切さをこれからの仕事に活かしていきたいという。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

国際武道大学(私立大学/千葉)