• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 千葉
  • 国際武道大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 牧野 宙さん(体育学部/消防士)

武大で身に付いた体力は消防の現場でも役立っています

先輩の仕事紹介

積み重ねた努力のあとに頂ける感謝の言葉が大きなモチベーションになっています!

消防士
体育学部体育学科/2013年3月卒
牧野 宙さん

この仕事の魅力・やりがい

所属する消防署では機関員として、消防車の運転を担当しています。火災が発生した時は他の機関員と連携し、出動の準備と同時に現場までの経路や使用する水利を決定。現場では消防車を水利に部署し、放水の準備まで行います。火災の現場では一刻を争うことも多いので隊長の指示を待つのではなく、自分たちで率先して行動しなくてはなりません。また、自分たちが現場に到着しないことには消火活動もできないので、責任の大きさを実感しています。そんな中でも、多くの方に感謝の言葉をかけて頂けるのがこの仕事の魅力。出動した現場だけでなく、学校や町内会の防災訓練でも感謝の言葉を頂けることがとても嬉しく、やりがいを感じます。

学校で学んだこと・学生時代

在学中はトレーニング専門の先生や、アスレティックトレーナーからアドバイスを頂き身体づくりを進めました。体重の管理や、パフォーマンスを上げるためのトレーニング方法を教えてもらい日々実践。消防署での厳しい訓練を続けられる体力は、在学中の身体づくりが土台となっています。また学生時代に教職課程を履修していたので、教育実習で大勢の人の前で話をする経験ができたり、効果的に指導する方法も学べました。結果として規模の大きい防災訓練で緊張せず話せるようになったり、後輩を的確に指導できるように。消防士の仕事とは無関係と思われる勉強であっても、社会に出てからは役に立つので決して無駄になることはありません。

出動要請が来た時は迅速に現場までの経路を確認!

分野選びの視点・アドバイス

消防士を目指すなら身体づくりももちろん重要ですが、まずは公務員試験に合格しなければなりません。1年次のうちから意識して勉強に取り組めば、気持ちにも余裕が生まれるので十分合格できると思います。もちろん部活動との両立も可能。私の所属していたサッカー部は1日の練習が2時間ほどでしたので、残りの時間は自由に使うことができると意識して勉強に励みました。学校の図書館には過去問が揃っていて自主的な勉強もできましたし、就職支援プログラムの「消防士試験対策講座」も充実。さらには面接の指導やアドバイスを受けられるので、バックアップ体制も万全。安心して消防士試験に臨める環境が整っています。

一刻を争うからこそ安全・丁寧な運転を心がけています

牧野 宙さん

東京消防庁・城東消防署勤務/体育学部体育学科/2013年3月卒/人のために仕事がしたい、鍛えた体を使う仕事に就きたいという思いから消防士を志望したという牧野さん。学生時代は部活動と公務員試験の勉強を両立させ試験に合格。責任のある仕事だけに努力することも多かったという。「現在は機関員として消防車の運転を担当しています。昔ながらの街並みも残っている地域なので消防車が入りにくい場所もあり、最初の頃は道路の状況を確認するため歩きまわりました」「今後の目標ははしご車の機関員になること。車体が大きく運転も難しくなるので、選抜試験に合格しなくてはなりませんが、機関員としては一番上の資格になるのでぜひ目指したいです」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

国際武道大学(私立大学/千葉)