• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国際武道大学
  • 先生・教授一覧
  • 山平 芳美 准教授(開発途上国における体育科教育・スポーツ教育)

私立大学/千葉

コクサイブドウダイガク

こんな先生・教授から学べます

日本の運動会・体育でカンボジアの児童を笑顔にする!先生

開発途上国における体育科教育・スポーツ教育
体育学部 体育学科
山平 芳美 准教授
先生の取組み内容

国際武道大学に興味を持ってくれる高校生の皆さんはきっと「体育授業」が大好きで「運動会」も楽しみ、「部活動」にも打ち込んできたのではないでしょうか。しかし開発途上国では学校主導で体育・スポーツを推奨する環境は珍しく、授業では体操や走ったりするだけという国も珍しくありません。日本ならではの体育科教育を専門的に学ぶ武大生たちが、国境を越えて開発途上国であるカンボジアの小学校で児童に体育・スポーツの魅力を伝える取り組みが「カンボジア運動会・体育支援プロジェクト」。最近では小学校教員を目指す現地の学生と武大生が協力して「運動会」を開催しています。当日は皆でハチマキをして綱引きに大玉転がし、玉入れと声援も飛び交い大盛況。Made in Japanの「運動会」や「体育」が現地で、児童の笑顔をたくさんつくっています。

長年、本学が取り組んできた「カンボジア運動会・体育支援プロジェクト」が「スポーツ庁長官感謝状」を拝受

授業・ゼミの雰囲気

「がんばれ」という言葉だけではなくプロの保健体育の教師として具体的な成功体験へと導く指導スキルを学習

保健体育の教師を目指すにあたって中・高校生から「保健体育の授業って楽しい」と思われる教師になることは大切。しかし「楽しい」だけでは学生の本当の成長にはつながりません。「がんばれという言葉だけではなく、具体的な指導スキルが必要。例えばトスが上手になった、シュートが入るようになった、試合が面白くなったなど、武大出身ならではの専門的な指導で成功体験をつくれるような保健体育の教師をたくさん輩出したいですね」と語る山平先生。武大出身の先生はやってくれる、と思われる人材育成を目指して日々奮闘中です。

海外や学校、一般企業でもコミュニケーションは大切。便利なSNSやメールに頼らない関わり方が大切

キミへのメッセージ

各競技のスペシャリストが集う学舎でプロの保健体育の教師を目指そう!

保健体育の教師になれば中・高校の教育現場で専門外のスポーツの指導を求められます。武大は多岐な分野の指導者とアスリートが集う場所。各競技の要点をしっかり学び、保健体育教師としての指導力を身につけます。

山平 芳美 准教授

専門分野 体育科教育・スポーツ教育。国際武道大学の在学中に偶然「カンボジア運動会・体育支援プロジェクト」への参加をした山平先生。卒業後は独自に「青年海外協力隊」に参加。本来は選べないはずの派遣先が偶然、カンボジアだったそう。帰国後、活動内容をまとめるために国際武道大学の大学院に進学。大学院卒業後に助手として就任。カンボジアでの活動を主軸に後進の育成に勤め、現在に至る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

国際武道大学(私立大学/千葉)