• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 国士舘大学
  • 在校生レポート一覧
  • 神田 羚志さん(体育学部 スポーツ医科学科/2年)

私立大学/東京

コクシカンダイガク

キャンパスライフレポート

すべては救急救命士になるために。学びも部活動も全力投球です。

体育学部 スポーツ医科学科 2年
神田 羚志さん
  • 長野県屋代高等学校 卒

私のキャンパスライフShot!

  • キャンパスライフPhoto

    実習室は資機材が豊富。実践的に学べます

  • キャンパスライフPhoto

    医学の知識も猛勉強中です

  • キャンパスライフPhoto

    常に心は温かく、頭は冷静でいたい

学校で学んでいること・学生生活

「命を救える人になろう」。そう決めて、救急救命士になるための技術・知識を学ぶ毎日です。同時に、教職課程の勉強にも取り組んでいます。国士舘大学の体育学部では中学校・高等学校の保健体育の教員免許も取得できるので、この環境を活用して幅広く学び、新しいことにも挑戦し、将来の可能性を広げたいと思いました。

これから叶えたい夢・目標

まずは、実習の授業で学んでいる基本的な応急手当や救急処置法を確実に自分のものにしたいです。部活動のライフセービング部でも救助を学べるので、とくに夏、海岸での監視活動に力を入れています。勉強と部活の両立はハードな面もありますが、すべては救急救命士としての実践力を身につけるため。頑張ります。

この分野・学校を選んだ理由

救急救命士の国家試験合格者数、消防官の就職者数、国士舘大学はどちらも多いところに魅力を感じました。入学金や授業料等が4年間免除され、返還義務のない成績優秀奨学生に選ばれたことも理由の一つです。

分野選びの視点・アドバイス

東京消防庁の隊長経験者や医師をはじめ、スポーツ医科学科では経験豊富な先生方から学ぶことができるので、医療従事者になる自覚が早い段階から芽生えます。そのぶん、技術や知識をぐんぐん吸収できます。

1週間のタイムスケジュール

 
1限目 内科学3 生徒指導論 救急処置実習A-II
2限目 体育方法学・実習(サッカー) 運動生理学 内科学1(総論:呼吸・循環) 救急処置実習A-II 体育方法学・実習(水泳)
3限目 医療英語 保健体育科教育論I 韓国語1 患者搬送技術論
4限目 外科学1 小児科学1 英語3 救急処置実習A-II
5限目
6限目

その他、集中講義「体育方法学・実習(野外教育・遭難救助)」「救急疾病各論」も受講。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...

この学校のおすすめ記事

国士舘大学(私立大学/東京)