• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 国士舘大学
  • 在校生レポート一覧
  • 中村 隆志さん(文学部 文学科 日本文学・文化専攻(現 日本文学・文化コース)/2015年4月入学(2019年3月卒業))

キャンパスライフレポート

文学好きも歴史好きも、興味の持てる学びがきっと見つかります。

文学部 文学科 日本文学・文化専攻(現 日本文学・文化コース) 2015年4月入学(2019年3月卒業)
中村 隆志さん
  • 東京都私立 日本学園高等学校 卒

私のキャンパスライフShot!

  • キャンパスライフPhoto

    将来は狂言の部活を立ち上げ指導したい

  • キャンパスライフPhoto

    参考書を持ち歩き、いつでも勉強できるように

  • キャンパスライフPhoto

    セリフと扇子だけで表現する狂言は奥が深い

学校で学んでいること・学生生活

ゼミでは中世文学を学んでいます。卒業論文は、5歳の頃から習っている狂言を研究テーマにしました。「日本芸能史」という特別授業でも狂言について学びました。成り立ちについて、私が所属する流派での教えと学術的に考えられている説に違う部分もあり、もっと理解を深めたいと狂言への興味がさらに増しました。

これから叶えたい夢・目標

日本の伝統を教えられる先生になりたいです。伝統文化は伝承者があってこそ、未来へ受けつぐことができます。歌舞伎も、役者が注目を浴びるようになり世の中での認知も高まりました。狂言も負けないよう、もっと多くの人に伝えたいです。技能と知識を深め、古典を学び始める中学生・高校生へ魅力を教えたいです。

この分野・学校を選んだ理由

本が好きなので、国士舘大学の大きな図書館に惹かれました。狂言の資料も充実しており、他にも様々なジャンルの本がそろっています。自習用の机もたくさんあり集中できるので、週に3~4日程利用しています。

分野選びの視点・アドバイス

好きな作家が決まっていたら、その作品をとにかくたくさん読むと授業での発見が多くなると思います。まだという人も、1~2年生で多くの作品に触れる機会があるので、好きな分野が見つかると思います。

1週間のタイムスケジュール

 
1限目 教育相談 漢文学概説A
2限目 日本漢文学史A 日本文学史IIIA(近代I) 中国近世思想史 中国思想特講A
3限目 書道実習I(漢字) 日本中世文学・文化論A 教育方法論
4限目 教育行財政 日本文学・文化演習I 書道実習I(仮名)
5限目 国語科指導法
6限目

「中国思想特講A」で陽明学を学修。いいと思ったことは何でもやってみる、すると成長につながるというポジティブな考えに共感しました。※掲載内容は2017年取材時点のものです。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...

この学校のおすすめ記事

国士舘大学(私立大学/東京)