• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • くらしき作陽大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 齋藤 あゆみさん(食文化学部 現代食文化学科/製品開発)

私立大学/岡山

クラシキサクヨウダイガク

試作やデザインなど、先輩のサポートをしています

先輩の仕事紹介

「あの時食べたおいしさが忘れられない」そんな記憶にのこる商品を手掛けていきたい

製品開発
食文化学部 現代食文化学科 卒/2017年卒
齋藤 あゆみさん

この仕事の魅力・やりがい

製品開発ではアイデア提案から商品の試作、パッケージのデザインすべてに関わります。一つひとつの要素が商品を開発する上で重要になるので、世の中の流行や消費者の傾向などの情報もリサーチしながらアイデアの引き出しを増やすように日頃から心がけています。現在はカップゼリーなどを開発するデザート開発課に所属。先輩と一緒に、お客様に選んでいただける商品づくりを行っています。私には今も覚えているお菓子の味があります。だからこそ、お客様にも「おいしかった!また食べたい!」と思い出していただけるような商品の開発を目標にしています。その目標に向かって「やり抜くこと」「好奇心を持つこと」を忘れず挑戦していきたいです。

学校で学んだこと・学生時代

くらしき作陽大学での学びの魅力は、食品の栄養面だけではなく、デザイン、店舗デザイン、器・食具、食映像、食文化、調理など食に関する分野を幅広く学べることと、商品開発実習で実践できることです。実習の中でも特に貴重な経験だったことは、地元の醤油屋さんと一緒に取り組んだ商品開発で、岡山県の特産である桃を活用した「桃醤油ドレッシング」を手掛けました。グループは3名でそれぞれ企画立案やパッケージデザイン、調理を担当。意見交換しながら進めていくことは、現在の仕事にも通じます。また、開発した商品に対する思いやコンセプトを相手に伝える重要性や必要性も学ぶことができました。

「伝える」スキルも大切!在学中の経験が生きています

分野選びの視点・アドバイス

「食」といえば「おいしいこと」と「安全であること」は当然です。そのため、入社後のサポート制度を活用して食品表示検定を取得しました。また、栄養面も考慮した商品開発を手掛けたいと考えており、味の評価技術を認定する官能評価に関する資格取得も目標にしています。今までにないことに挑戦するのは大変ですが、だからこそ「やり抜くこと」「常に好奇心を持つこと」が大切だと思っています。一つの商品が市場に出るまでにはおよそ半年から1年かかります。挑戦し続ける前向きさと、柔軟な発想に繋がる幅広い視野は、簡単には身につきませんが、くらしき作陽大学での学びを通して身につけた基礎が、成長の原動力となると思います。

おいしくて栄養面も考慮した商品を開発したい

齋藤 あゆみさん

株式会社ブルボン勤務/食文化学部 現代食文化学科 卒/2017年卒/食べることが好きという齋藤さん。「食」について幅広く学べるカリキュラムに魅力を感じ、くらしき作陽大学に進学。「時間が十分にある大学時代だから、資格取得や視野を広げるための旅行など、いろいろなことに挑戦しました」。在学中は商品開発サークルに所属。「高梁川マルシェ」というイベントで自分たちが考えた商品を販売したことも。特産の紅茶で炊いた「紅茶おにぎり」やみそを使ったカステラ「みそていら」など好評だったそう。時には試作を食べた先生方からの「おいしくない」という厳しい評価を通して、あきらめない強さも身につけられたそうです。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

くらしき作陽大学(私立大学/岡山)