• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • くらしき作陽大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 藤坂 綾子さん(食文化学部 栄養学科/栄養教諭)

私立大学/岡山

クラシキサクヨウダイガク

子どもたちと過ごす時間が何より楽しいです

先輩の仕事紹介

“子ども”と“食”。栄養教諭はその両方にかかわれるやりがいのある仕事

栄養教諭
食文化学部栄養学科 卒/2018年卒
藤坂 綾子さん

この仕事の魅力・やりがい

高知市の小学校では、それぞれの学校の栄養教諭が月ごとに献立を作成します。私は1年目なので、年に3回行うイベント用の献立を担当。食数管理や調理員さんへの指示、調理場の衛生管理、子どもたちの食育指導が主な仕事です。給食前はアレルギーのある生徒の除去食に間違いがないか必ずチェックしたり、献立の彩りや異物がないか確認しながら検食して、細かいところまで気を配ります。給食時間は1年生から6年生までのクラスを回り、子どもたちの様子を確認。積極的に声かけをして、状況を把握することも大切です。「給食おいしかったよ」「先生が教えてくれたみたいにバランスを考えて食べたよ」といった子どもたちの声に喜びを感じています。

学校で学んだこと・学生時代

中学生の頃から子どもが大好きで、将来は保育士になりたいと思っていました。高校で食にも興味を持ち、「子ども」と「食」の両方にかかわることができる栄養教諭が目指せるくらしき作陽大学に進学。管理栄養士国家試験と教員採用試験を並行して勉強することは大変でしたが、先生方が親身に支えてくださったおかげで両方の試験に合格できました。栄養教諭として現場経験がある先生から教えていただいた、現場で必要とされる心構えは今でも実践しています。くらしき作陽大学の多くの卒業生が栄養教諭として活躍していることも最大の魅力。試験前はもちろん、合格後も高知県で勤務されている先輩方にいろいろ相談でき、とても心強かったです。

イベント給食のポップも手作りしています

分野選びの視点・アドバイス

栄養教諭は、子どもたちはもちろん調理員の方、先生方など多くの方とのコミュニケーションを通して、幅広い視点から情報を収集して献立を考える力も必要です。在学中に子どもとかかわるボランティアをする機会があり、経験したことがとても役立っています。また、学校給食は衛生面がとても厳しく専門的な知識が求められます。そのため衛生管理についてしっかり身につけておくことをおすすめします。私は1年目の12月にはじめて月の献立作りを担当しました。キュウリやニンジンといった使いやすい食材ばかり使わず変化をつけたり、子どもたちが飽きずに食べられるよう、焼き物、揚げ物など調理法を変える工夫をするなど、試行錯誤しています。

午後からは明日の献立の打ち合わせを行います

藤坂 綾子さん

高知県の公立小学校勤務/食文化学部栄養学科 卒/2018年卒/「先日、栄養教諭としてはじめてイベント用の献立を考えました。サラダの量が多すぎたなど反省点もありますが、子どもたちの喜ぶ顔を見ることができて、とてもやりがいを感じました」という藤坂さん。フルーツを可愛くカットしたり、おにぎりをラッピングしたりと、食べることを楽しめるよう心がけたそうです。「給食費の範囲内で献立を考えるので、旬の野菜を使ったり、鶏肉はもも肉ではなく胸肉にしたり、工夫も必要です。だから食材や料理のことをもっと勉強して、バランスのよい献立を考えられるよう頑張りたいです」。これからは食育についても力を入れていきたいそうです。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

くらしき作陽大学(私立大学/岡山)