• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 岡山
  • くらしき作陽大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 上田 桃子さん(子ども教育学部 子ども教育学科小学校・特別支援学校コース/小学校教諭)

私立大学/岡山

クラシキサクヨウダイガク

体験を通して学ぶことに対する興味を引き出します

先輩の仕事紹介

子どもたちとの信頼関係を築き、一人ひとりの主体性を引き出せる先生が目標です

小学校教諭
子ども教育学部 子ども教育学科 小学校・特別支援学校コース 卒/2018年卒
上田 桃子さん

この仕事の魅力・やりがい

2年生の担任をしています。「先生」としてうれしいことは、子どもたちの成長を一番間近で見られることです。成長といっても、学習の理解力が高まること、自分から進んで行動するようになることなど、一人ひとりで異なります。その一つひとつに毎日喜びを感じています。また、成長した結果だけを重視するのではなく、頑張ってきた過程を見ることも大切だと考えています。当たり前のことでも、きちんと先生に見てもらえているか子どもたちは感じ取っています。だからこそ、子どもたちと真剣に向き合い、信頼関係を築くようにしています。こうした関係ができてはじめて、子どもたちの伸びようとする力を引き出すことができるのだと思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

私が目指す教師像は、中学生時代の担任の先生です。とても熱心にかかわってくださる先生だったので、その影響を受けているかもしれません。もともと人とかかわることや、子どもと過ごすことが好きだったことも先生になる大きなきっかけでした。大学に入学してからは4年間、小学生の放課後のお世話をする児童クラブのアルバイトを経験しました。個性が異なる子どもたちと、どうかかわったらいいか悩んだ時期もありましたが、子どもたちの気持ちを考え、どうしたらいいか様々な視点で考え向き合ってきた結果、子どもたちとの信頼関係を築くことができました。こうした経験を通して「やっぱり先生という仕事はいいな」と改めて実感しました。

授業と休憩時間にメリハリをつけるようにしています

学校で学んだこと・学生時代

くらしき作陽大学に入学したのは「特別支援教育」を学べるから。障がいのある子どもたちとの接し方は、単に伝えるだけ、しかるだけではうまくいきません。どんなことに興味を示すのか、どんな言葉なら伝わるのか、どう接したらいいかなど、様々な視点で考えることが必要です。現場で活躍されていた先生の話には、その答えがたくさんありました。また、自分自身が壁にぶつかったとき、そばにいる先生や仲間たちの支えがあったから、乗り越えることができたのだと思います。大学の4年間は、本当に刺激的な時間でした。以前から興味を持っていた留学を経験したことなど、一つひとつのことが、私の先生としての基礎となっています。

子どもたちから元気をもらっています

上田 桃子さん

岡山県の公立小学校勤務/子ども教育学部 子ども教育学科 小学校・特別支援学校コース 卒/2018年卒/元気いっぱいの子どもたちに囲まれ、慕われる先生として活躍している上田さん。「子どもたちは、先生のことをよく見ていますし、それだけ影響を受けます。だからいつも元気でいること、笑顔でいることを心がけています。また、授業中は集中してクラスの友だちの意見を聞くこと、休憩時間はしっかり楽しむことなど、メリハリを大切にするよう指導しています」。これからの目標は「自分自身のレベルアップ」という上田さん。子どもたちの成長に誰よりも喜びを感じています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

くらしき作陽大学(私立大学/岡山)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路