• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 岡山
  • くらしき作陽大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 宮里 優歌さん(食文化学部 栄養学科/管理栄養士)

患者様のご家族への栄養指導も行っています

先輩の仕事紹介

管理栄養士として、患者様が安心して食べることを楽しめる「食」を提供していきたい

管理栄養士
食文化学部 栄養学科 卒/2016年卒
宮里 優歌さん

この仕事の魅力・やりがい

自分の好きなことを仕事にできれば、高いモチベーションを持ち続けることができるし、周りの人にも良い影響を与えることもできると思います。私にとってはそれが管理栄養士という仕事です。現在は病院に勤務し、入院患者様の栄養管理、栄養管理計画書の作成、食数管理、嗜好調査、栄養指導を担当しています。大切にしていることは、安全で病態・希望に沿った食事はもちろん、楽しんで食べていただける行事食を提供することです。季節感、彩り、栄養面など様々な視点から考えているので、患者様がおいしいと言って食べている姿や、食欲不振だった方の食事摂取量が増えているデータを見ると、とてもやりがいを感じます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

管理栄養士という仕事を知ったのは、大学進学を前に偶然手に取ったくらしき作陽大学の大学案内です。食に関すること、そして医療にかかわる分野に進みたいと考えていたので「これだ!」と思いました。くらしき作陽大学では、臨地実習を通して小学校での給食調理をはじめ、中学校での教育実習、保健所での防災マニュアルづくりなど様々な現場を知ることができます。病院では献立作成や患者様への栄養指導などを経験させていただきました。初めて患者様の対応をしたときは思うように対処できず大変でしたが、やりがいを一番感じられた病院で管理栄養士として患者様の力になれたらと思い病院へ就職しました。

厨房のスタッフと患者様の状況を共有することも大切

学校で学んだこと・学生時代

在学中はいろいろなことに挑戦しようと考えていました。臨地実習以外にも、3年次の春休みを利用して川崎医科大学附属病院での実習をさせていただきました。これは自主的なものでしたが大学の先生に相談し、実習ができるよう協力していただきました。また、栄養教諭や製菓衛生師の資格も取得しました。製菓衛生師としての知識は行事食を考えたり、糖尿病の患者様のために手づくりお菓子を提案したりするときにとても役立っています。限られた時間の中で、挑戦し続けることは大変でしたが、休みの日は友人と遊びに行ったり、自分の時間をつくって気分転換をしたりしたことで、学業も私生活も充実した4年間を過ごすことができました。

身につけた知識が人の役に立つことがうれしい

宮里 優歌さん

備前市国民健康保険 市立日生病院勤務/食文化学部 栄養学科 卒/2016年卒/岡山県立倉敷青陵高校出身/「結婚や出産など自分の将来のビジョンを立てておくことで、そのビジョンを実現するためにはどの時期に何をすべきかを考えることができます」と、目標を持つことの大切さを話す宮里さん。管理栄養士として長く活躍していくために、くらしき作陽大学を卒業してから最初の2年間は岡山大学病院で調理についてのスキルアップを目指したそうです。「目標に向かって努力することはやっぱり大切です。努力があったから目指していた将来を手にすることができたのだと思います」。将来は行政の管理栄養士として多くの人とかかわっていきたいそうです。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

くらしき作陽大学(私立大学/岡山)