• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 岡山
  • くらしき作陽大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 佐々木 萌香さん(子ども教育学部 子ども教育学科保育園・幼稚園コース/幼稚園教諭)

ピアノ初心者でも弾き歌いができるまでに成長しました

先輩の仕事紹介

子どもたちが充実感をもって毎日過ごせるように、サポートできる教育者になりたい

幼稚園教諭
子ども教育学部 子ども教育学科 保育園・幼稚園コース 卒/2019年卒
佐々木 萌香さん

この仕事の魅力・やりがい

衣服の着脱や排せつなど身の回りのことができるようになる3歳児のクラス担任をしています。一人ひとりできるようになるタイミングは違います。できない子には「すぐにできなくても大丈夫」と声をかけて、急がせるのではなく小さな目標を示して成功体験を積み重ねていけるようにしています。どう支援したらいいか悩むこともありますが、先輩や育児の経験がある生活指導員の方の日々の姿を観察したり、相談してアドバイスをいただいたりしながら支援方法を考えています。子どもたちの成長に大きく影響する仕事なので、子どもたちの「できた」という笑顔を見るたびに、この仕事を選んでよかったと思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

中学生の時に保育所での職場体験に参加しました。積極的な子もいれば、内気で上手に気持ちを表現できない子もいて、個々に対応する保育士の先生は大変そうに見えました。でも、一人ひとりの気持ちを受け止め、成長に寄り添っている先生方の姿に魅力を感じたことが、きっかけです。子どもとかかわる仕事も、実際には保育所以外にも幼稚園、児童養護施設、乳児院など様々な施設で多様なかかわりがあります。私は幼児期の子どもたちの成長に携わる教育者として幼稚園教諭の道を選びましたが、在学中に行く保育所や幼稚園、施設などの実習を通して自分に合った分野やフィールドを探すことができたことが今につながっています。

責任ある仕事だからこそ、子どもたちの笑顔がうれしい

学校で学んだこと・学生時代

大学在学中は「学部附属児童文化部ぱれっと」に所属していました。主な活動は、地域の保育所や幼稚園で手遊びや自分たちで演出を考えた人形劇などを披露することです。もともと人前で何かをすることに苦手意識をもっていましたが、人形劇を見た子どもたちから「楽しかった」「また見たい」という言葉をもらったことで表現する楽しさを知り、苦手意識を自信に変えることができました。ゼミでは石鹸からシャボン玉をつくる方法を試したり、学生同士で読み聞かせをして良いところや改善点を評価したりしました。こうした様々な経験すべてが現場運営に活かせているので、毎日がとても充実しています。

様々な遊びを通して子どもたちの興味を引き出します

佐々木 萌香さん

善通寺市の公立幼稚園勤務/子ども教育学部 子ども教育学科 保育園・幼稚園コース 卒/2019年卒/香川県立丸亀城西高校出身/3歳児24名の担任をしている佐々木さんの目標は、子どもたちの良さを引き出し伸ばすことができる教育者になること。「この時期の子どもたちの成長の早さには本当に驚きます。一人ひとり主張が出てくるので頼もしいですが、一方でけんかに発展することもあります」。子どもたちの思いがお互いに伝わるよう、根気強くサポートしているそうです。中学生の職場体験で見た先生の教育者としての姿勢を、現在は佐々木さん自身が教育者として実践しています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

くらしき作陽大学(私立大学/岡山)