• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 岡山
  • くらしき作陽大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 村上 まどかさん(食文化学部 栄養学科/管理栄養士)

住民一人ひとりの顔が見えるからやりがいも大きいです

先輩の仕事紹介

行政の管理栄養士として幅広い年代の方の健康を食の面から支えています

管理栄養士
食文化学部 栄養学科 卒/2020年卒
村上 まどかさん

この仕事や研究の魅力・やりがい

行政の管理栄養士として町役場に勤務。乳幼児健診での栄養相談、食生活改善推進員の育成や事務業務をはじめ、健康教室、離乳食教室を開催し、赤ちゃんからお年寄りまでの幅色い年代の方の健康を支える業務を担当しています。大切にしていることは住民の方の声をしっかり聞くこと。だから住民の方の顔がみえて、距離が近く、一人ひとりとしっかりと向き合えることにやりがいを感じます。はじめて開催した離乳食教室に参加してくださった方が「子どもが離乳食教室で紹介してくださったレシピのおかげで、食べなかった食材を食べてくれるようになりました!」と言ってくださいました。こうした言葉が頑張るための力になっています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

公衆栄養学の授業で病気の予防に関する内容を学びました。その中で、「食」の知識を赤ちゃんからお年寄りまで、幅広い世代の人の役に立てる行政職の仕事に魅力を感じたことが、現在の仕事を目指したきっかけです。行政の管理栄養士は、ひとつの職場に一人なので、専門的なことは他の市町村を担当する栄養士の方に相談したり、他職種の方に相談したりすることもよくあります。そのためコミュニケーションを大切にしています。一人の管理栄養士としてできることは限られていますが、「今の自分にできることは何か」を常に考え、幅広い年代の方へ的確な栄養指導ができるよう、真摯に向き合っています。

自分に何ができるかを常に考えるようにしています

学校で学んだこと・学生時代

1年生の頃から実習の授業が多く、調理実習や実験、グループワーク等の話し合いなどを通して、実践力を身につけることができました。また、大勢の人の前で話すことに慣れたかったため積極的に発言するように心がけながら、実習では「どうしたらわかりやすく人に伝わるか」いろいろな方法を考えるようにしていました。就職後に住民の方に向けた健康教室でクイズを通して減塩の方法をお伝えした際、住民の皆さんからも分かりやすいと言っていただけたことで、大学での経験がしっかり身についていることを実感しました。

相談者に合った食事提案ができるよう学び続けています

村上 まどかさん

江府町役場(鳥取県)勤務/食文化学部 栄養学科 卒/2020年卒/管理栄養士国家資格の試験勉強や就職活動では、同級生やゼミの仲間に励まされ頑張ろうという気持ちになったという村上さん。「同級生はもちろんですが、大学では先輩や先生とのかかわりが自分の考えや視野を広げてくれます。だから、なるべく多くの人とかかわることを大事にしてください」とアドバイスしてくださいました。仕事で困ったことがあっても相談できる友だちや先輩、先生に出会えたことをとても誇りに感じているそうです。この職種に就くうえで大切にしてほしいことは他人の意見に耳を傾けること、健康に興味があり日頃から意識できることだと話してくださいました。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

くらしき作陽大学(私立大学/岡山)
RECRUIT