• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 岡山
  • くらしき作陽大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 水原 麻衣さん(子ども教育学部 子ども教育学科保育園・幼稚園コース/保育士)

子どもたちの発達について、さらに理解を深めたい

先輩の仕事紹介

子どもたち一人ひとりに合わせた保育を考え、笑顔を引き出せる保育士が目標です

保育士
子ども教育学部 子ども教育学科 保育園・幼稚園コース 卒/2019年卒
水原 麻衣さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

保育士としてクラス担任をしています。子どもたち一人ひとりが安心して生活できる場を作り、喜んで登所できるように心がけています。子どもの思いを受けとめ丁寧にかかわることを大切にしています。子どもたちの興味や関心に合わせてあそびを考えていくことで、あそびが盛り上がっていきますが、時には「えっ、こんな面白いあそび方があったんだ!」と子どものアイデアや発想に驚くこともあり、子どもってすごいなと日々学んでいます。好奇心旺盛な子、初めてのことに不安のある子、それぞれの思いや表現に寄り添い支えることで、子どもたちが自分らしくいきいきと活動している姿を間近で見られることがやりがいにもつながっています。

学校で学んだこと・学生時代

大学在学中は現場で必要とされる知識や、保育の現場ですぐに実践できる実技を学びました。入学前に不安を感じることもありましたが、授業内容がわかりやすいのですぐに楽しさに変わりました。大学生活が充実していたのは、なんにでも一緒にチャレンジできる仲間の存在があったからです。お互いの良さを理解し合い、やりたいことをとことん追求できました。また、大学内でのイベントを企画・運営したり、ボランティア活動に参加したり、年齢、分野を問わず様々な人に出会い、話し、人と関わってきた経験が職場でのコミュニケーションに活きています。就職後もこのチャレンジ精神を忘れることなく、子どもたちのために力を尽くしていきたいです。

子どもの目線に立ちかかわるようにしています

分野選びの視点・アドバイス

保育士は子どもたち一人ひとりに合わせた保育を通して将来のことまで考えなければいけません。成長を間近で感じられることは楽しいですが、自分が興味のあるものかどうか、楽しいと感じるかどうか、じっくり考えるようにしてください。いろいろな人に出会い、どんな職業があるのかを知ることも大切だと思います。もちろん保育士という仕事はとても素晴らしい仕事です。私は、自分自身の考えや思いを改めて考えるきっかけになり、より仕事への興味を高めることができました。

興味や関心を広げられるように心がけています

水原 麻衣さん

福山市立の保育所勤務/子ども教育学部 子ども教育学科 保育園・幼稚園コース 卒/2019年卒/幼稚園の先生に憧れて「私も先生になりたい」と考えるようになったという水原さん。大学進学を考える際、地元のくらしき作陽大学のオープンキャンパスに参加。大学生活の楽しさを話す先輩たちの姿に魅力を感じ進学を決めたそうです。「大学では勉強することはもちろんですが、イベントやボランティアなどを通して人間的にも大きく成長する機会がたくさんあります」。水原さん自身も4年間で成長したことを活かし、保育士として子どもたちが安心して成長できる環境づくりに取り組んでいます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

くらしき作陽大学(私立大学/岡山)
RECRUIT