• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 札幌学院大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 東出 真明さん(経営学部 経営学科/空港業務スタッフ(グランドハンドリング))

私立大学/北海道

サッポロガクインダイガク

厳しい訓練も、やりたかった仕事なのでがんばれます!

先輩の仕事紹介

時間通りに飛行機を送り出したとき、その喜びを分かち合える多くの仲間がいる!

空港業務スタッフ(グランドハンドリング)
経営学部経営学科/2014年3月卒
東出 真明さん

この仕事の魅力・やりがい

手荷物や貨物の搭降載、機体誘導、機内清掃など、グランドハンドリングと呼ばれる飛行機の地上支援業務に携わっています。私の担当は手荷物の仕分けと搬送業務です。仕事上で心がけているのは、時間通りに飛行機を出発させること。そのため、何らかの影響で遅れが生じ、運航に支障が出そうなときは、他部署のスタッフと連携し、互いにコミュニケーションを図りながら的確かつ迅速に作業を進めていきます。時間との勝負を経て、遅れることなく飛行機を送り出せたとき、その喜びを分かち合える仲間の存在が本当にうれしい。達成感も倍増します。また、社内資格を取得するたびにできることが増え、自身の成長を実感できるのもこの仕事ならでは。

学校で学んだこと・学生時代

小学校から続けてきた野球をケガで断念し、航空業界を目指そうと思ったのが大学2年のとき。専門学校の出身者が多い分野だけに、彼らに対抗できる強みを持とうと考え、独学で航空特殊無線の資格を取得しました。そのほか、航空業界が注目するリスクマネジメントについても積極的に学び、「リスク検定(リスクマネジメント協会主催)」にもチャレンジ。就職に有利と言われる80点以上を取り、就職活動ではそれもアピールしました。実際、面接ではその2つに話題が集中し、驚きとともに手応えを実感!正直、野球ができなくなったダメージは小さくありませんでしたが、だからこそ真剣に自分の将来と向き合え、夢を実現できたのかもしれません。

手荷物が入ったコンテナをスムーズに飛行機に搭載

分野選びの視点・アドバイス

交通論などが專門の山本先生は、自分が目指していることを知って、グランドハンドリングのビデオを教材にした授業を開いてくれました。東京で開催された危機管理関連の勉強会に参加し、貴重な経験ができたのは、リスクマネジメントのサークルを主催する客員教授の利根谷先生がいたから。ガクインには努力を後押ししてくれる先生や、影響を与えてくれる先生が大勢います。どの先生も、目標を掲げ、実現を目指す学生を力いっぱい応援してくれます。ですから、みなさんも先生方の存在を支えに、夢への第一歩を踏み出してください。がんばることは恥ずかしいことではありません。自分もスタートラインに立ったばかり。ともに前へ進みましょう。

会社にある資料を参考に、資格取得の勉強も

東出 真明さん

ANA新千歳空港(株)フロンティア事業部勤務/経営学部経営学科/2014年3月卒/出張がちのお父さんを迎えに、子どものころからお母さんとよく空港を訪れていたという東出さん。展望デッキから飛行機や空港で働く人を見て、興味を持ったのがこの道へ進むことになったきっかけ。馴染み深いその空港が現在の職場。「今後の目標は、貨物や手荷物の流れなどを計画するコントローラー業務や、インストラクターの社内資格を取得することです」と話す。職場の人間関係も良好で、休みの前日は先輩方と飲みに行ったり、丸一日休みの日はドライブを楽しんだりと、公私ともに仲良し。「目標とする先輩も多く、日々刺激を受けています」とのこと。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

札幌学院大学(私立大学/北海道)