• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国公立大学
  • 山口
  • 山陽小野田市立山口東京理科大学
  • 他の先生・教授一覧
  • 薬学部教員紹介

薬学部教員紹介

嶋本 顕 教授
■主な研究課題
私は30歳より早老症ウェルナー症候群を研究テーマの一つとして、研究者としての道を歩んできました。そして基礎から応用への道を模索していた折にiPS細胞と出会い、患者iPS細胞を樹立して研究を進めてきました。その結果、この病気の研究を通じて、テロメアがヒトの寿命の物差しとして機能し、ヒトが老いてゆく原因の一つに組織幹細胞の緩やかな老化が関係しているという結論に至りました。
ウェルナー症候群は患者数が日本に圧倒的に多い遺伝病で、根治療法のない難病です。現在、組織幹細胞の早期老化機構の解明、及び細胞治療法の開発と再生医療を念頭に、iPS細胞とオルガノイドを用いた研究を進めています。また、ゼブラフィッシュやマウスなどのモデル動物を使って、ヒトにも共通する組織幹細胞の再生能力の維持と幹細胞老化の機構について研究を展開し、創薬基盤を確立します。
さらに、がんにも興味をもって研究に取り組んでいます。がん組織にもその元となる細胞、いわゆる「がん幹細胞」が存在し、抗がん剤耐性やがん再発の元凶と考えられています。とくにがんの休眠と再発の機構を解明するため、体細胞から誘導性がん幹細胞を樹立して研究を展開しています。

-------------------------------------------------------------------

■主な著書・論文
•Kotaka, S, Wakitani,S, Shimamoto,S, Kamei, N, Sawa, M, Adachi, N, & Ochi, M. Magnetic Targeted Delivery of Induced Pluripotent Stem Cells Promotes Articular Cartilage. Stem Cells International (2017) in press
•Hosoi T, Nakatsu K, Shimamoto A, Tahara H, Ozawa K. Inhibition of telomerase causes vulnerability to endoplasmic reticulum stress-induced neuronal cell death. Neurosci Lett. 629:241-244.(2016)
•Shimamoto A, Yokote K, & Tahara H. Werner Syndrome-specific induced pluripotent stem cells: recovery of telomere function by reprogramming. Front Genet 6:10. (2015)
•Hira A, Yoshida K, Sato K, Okuno Y, Shiraishi Y, Chiba K, Tanaka H, Miyano S, Shimamoto A, Tahara H, Ito E, Kojima S, Kurumizaka H, Ogawa S, Takata M, Yabe H, & Yabe M. Mutations in the Gene Encoding the E2 Conjugating Enzyme UBE2T Cause Fanconi Anemia. Am J Hum Genet 96(6):1001-1007. (2015)
•Nezu T, Hosomi N, Takahashi T, Anno K, Aoki S, Shimamoto A, Maruyama H, Hayashi T, Matsumoto M, & Tahara H. Telomere G-tail Length is a Promising Biomarker Related to White Matter Lesions and Endothelial Dysfunction in Patients With Cardiovascular Risk: A Cross-sectional Study. EBioMedicine 2(8):958-965. (2015)
•Yamasaki S, Taguchi Y, Shimamoto A, Mukasa H, Tahara H, & Okamoto T. Generation of human induced pluripotent stem (Ips) cells in serum- and feeder-free defined culture and TGF-Beta1 regulation of pluripotency. PLoS One 9(1):e87151. (2014)
•Shimamoto A, Kagawa H, Zensho K, Sera Y, Kazuki Y, Osaki M, Oshimura M, Ishigaki Y, Hamasaki K, Kodama Y, Yuasa S, Fukuda K, Hirashima K, Seimiya H, Koyama H, Shimizu T, Takemoto M, Yokote K, Goto M, & Tahara H. Reprogramming Suppresses Premature Senescence Phenotypes of Werner Syndrome Cells and Maintains Chromosomal Stability over Long-Term Culture. PLoS One 9(11):e112900. (2014)
•Hosoi T, Inoue Y, Nakatsu K, Matsushima N, Kiyose N, Shimamoto A, Tahara H, & Ozawa K. TERT attenuated ER stress-induced cell death. Biochem Biophys Res Commun 447(2):378-382. (2014)
•Hirashio S, Nakashima A, Doi S, Anno K, Aoki E, Shimamoto A, Yorioka N, Kohno N, Masaki T, & Tahara H. Telomeric g-tail length and hospitalization for cardiovascular events in hemodialysis patients. Clin J Am Soc Nephrol 9(12):2117-2122. (2014)
•Takemoto M, Mori S, Kuzuya M, Yoshimoto S, Shimamoto A, Igarashi M, Tanaka Y, Miki T, Yokote K. Diagnostic criteria for Werner syndrome based on Japanese nationwide epidemiological survey. Geriatr Gerontol Int. 13:475-481. (2013)

-------------------------------------------------------------------

■主な国際・国内活動
細胞を移植して組織の再生を促し治療する再生医療実現の機運が高まるとともに、培養技術者のニーズが増加しています。治療に用いる細胞の培養には、標準化された培養方法を習得した技術者が必要です。私が幹事を務める組織培養学会では、培養技術の普及を目的として講習会を開催しています。 •日本組織培養学会 幹事
•日本がん分子標的治療学会 評議員
•日本分子生物学会 正会員
•日本再生医療学会 正会員
•日本癌学会 正会員
•日本基礎老化学会 正会員
•日本放射線影響学会 正会員
•日本プロテオーム学会 正会員
•日本ケミカルバイオロジー学会 正会員
この先生・教授に出会えるのは・・・
薬学部
山陽小野田市立山口東京理科大学(公立大学/山口)