• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国公立大学
  • 山口
  • 山陽小野田市立山口東京理科大学
  • 他の先生・教授一覧
  • 薬学部教員紹介

薬学部教員紹介

山中 龍 助教
■主な研究課題
蛍光タンパク質プローブやケミカルプローブを用いた蛍光イメージング法によって、生きている細胞の内部で起こっている現象を可視化し、細胞の分化や分裂時における細胞内情報処理と代謝制御に関する研究を行ってきた。それらの研究によって、細胞内のマグネシウムイオンが細胞機能に重要な役割を担っていることを明らかにしてきた。最近では、細胞分裂における細胞内マグネシウムイオンの調節機構とその役割に関する研究を行っている。

-------------------------------------------------------------------

■主な著書・論文
•Ryu Yamanaka, Sho Tabata, Yutaka Shindo, Kohji Hotta, Koji Suzuki, Tomoyoshi Soga, Kotaro Oka. Mitochondrial Mg2+ homeostasis decides cellular energy metabolism and vulnerability to stress. 2016 310:731-41. Scientific Reports. 2016 Jul 26;6:30027.
•Yutaka Shindo, Ryu Yamanaka, Koji Suzuki, Kohji Hotta, Kotaro Oka. Intracellular magnesium level determines cell viability in the MPP+ model of Parkinson's disease. Biochim Biophys Acta. 2016 Aug;1863(8):1979-84.
•Ryu Yamanaka, Yutaka Shindo, Takamasa Karube, Kohji Hotta, Koji Suzuki, Kotaro Oka. Neural depolarization triggers Mg2+ influx in rat hippocampal neurons. Neuroscience. 2015 Dec 310:731-41.
•Yutaka Shindo, Ryu Yamanaka, Koji Suzuki, Kohji Hotta, Kotaro Oka. Intracellular magnesium level determines cell viability in the MPP+ model of Parkinson's disease. Biochim Biophys Acta. 2016 Aug;1863(8):1979-84.
•Yutaka Shindo, Ryu Yamanaka, Koji Suzuki, Kohji Hotta, Kotaro Oka. Altered expression of Mg2+ transport proteins during Parkinson's disease-like dopaminergic cell degeneration in PC12 cells. Biochim Biophys Acta. 2015, Aug, 28; 1853(12):3182-3191.

-------------------------------------------------------------------

■主な国際・国内活動
•Society for Neuroscience (北米神経科学学会 )
•日本神経科学学会
•日本バイオイメージング学会
この先生・教授に出会えるのは・・・
薬学部
山陽小野田市立山口東京理科大学(公立大学/山口)