• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 山梨
  • 山梨学院大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 佐野 一樹さん(法学部/銀行員)

先輩の仕事紹介

お客様の人生に長期的に関わっていける、というのがこの仕事の魅力です

銀行員
法学部 法学科/2016年卒
佐野 一樹さん

この仕事の魅力・やりがい

銀行員として3年目の現在は、個人渉外担当として外回り業務を担当しています。具体的には、投資信託などの金融商品や生命保険などの営業が主ですね。山梨県内では非常に多くの方が当行に預金講座を持っておられるので、たとえ飛び込みの訪問営業でも「中銀です」と名乗れば、歓迎していただけることが多いのが強みです。最近のお客様はとても豊富な情報を持っておられますので、それに優る情報や知識を提供していかなければ、お客様の信用を勝ち取ることはできません。そのため日々の勉強は欠かせません。長いスパンで「お客様の人生を豊かにしていく」ことを目指し、毎日の仕事に取り組んでいます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

山梨学院大学の法学部は、警察や消防をはじめとした公務員志望の学生が多いのですが、私は1年次から一貫して一般企業を目指していました。製造業から小売業やサービス業まで幅広く応募しましたが、その中でも第一志望だった山梨中央銀行の内定をいただくことができました。私は山梨生まれ山梨育ちの生粋の「山梨っ子」なので、地元に貢献したいという気持ちが強かったんです。また、小さい頃から中銀の預金口座を持っていましたから、そんななじみの深い会社から内定をいただけたことがすごく嬉しかったです。銀行業界の仕事は難しい時代ではありますが、より明るい未来のために尽力する覚悟でいます。

「中銀」のブランド名に恥じないよう、日々の勉強にも力を入れています

学校で学んだこと・学生時代

山梨学院大学の特長の一つとして「就職・キャリアセンター」の充実というのがあります。私は1年の頃から「就職・キャリアセンター」に出入りさせてもらい、県内の企業の社長さんなどにインタビューさせていただき記事にまとめる、などの活動をしていました。その活動を通して、早い段階から卒業後の自分をイメージできましたし、企業のトップの方にお話を伺えたこともとても貴重な体験でした。就職活動の際にも「覚えているよ」と言っていただけるなど、嬉しいことがたくさんありました。また、3年次のゼミでも先生が卒業生を招いて話を聞くチャンスを設けてくれるなど、就職への意識は非常に高い大学だと思います。

学生時代には「山梨学院学生チャレンジ制度」に認定されました

佐野 一樹さん

山梨中央銀行 医大前支店 勤務/法学部 法学科/2016年卒/山梨県中央市出身。中学・高校時代は野球部に所属。大学時代は球技のサークルを同期の仲間たちと立ち上げる。「野球、バスケット、サッカー……なんでもやってました(笑)」。趣味はサーフィンや釣りをはじめとしたアウドドア。平日は仕事、週末は趣味という切替えを大切にしているという。銀行業務検定、証券外務員、生命保険募集人、M&Aエキスパートなど、多くの資格や認定を持つ。「銀行に入ってからの方が学生時代よりも勉強していますね」と笑う。また、自社のことを「超ホワイト企業だと思います」ときっぱり語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

山梨学院大学(私立大学/山梨)