• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 山梨
  • 山梨学院大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 有野 陽祐さん(法学部/地方公務員)

先輩の仕事紹介

「市民生活をサポートしている」という心構えを何よりも大切にしています

地方公務員
法学部 法学科/2015年卒
有野 陽祐さん

この仕事の魅力・やりがい

市役所職員・地方公務員になって4年目。この仕事の魅力は、広範囲にわたる知識やノウハウを身につけられるところです。私も3月までの3年間は農業振興課で農政に関わっていました。今の総務部納税課が2つ目の部署になります。現在は5か月間の「併任」という形で、山梨県の県税事務所に来ていまして、税徴収に関する諸事を県から学びつつ、滞納者への徴収や指導などをしています。市役所の中にあっても困難な職務ではありますが、その困難さがやりがいにつながっているところはあります。また、市職員というのは基本的に市民のためのサービス業。市民の皆さまが喜びや安心を感じてくださる様子を見るのが、自分たちの喜びとなります。

この分野・仕事を選んだきっかけ

最初に地方公務員という職業を意識し始めたのは、高校生の頃です。生まれ育った南アルプス市への愛着が強かったので、どうすれば自分なりの貢献ができるのかを漠然と考え始めました。また、私は小学4年から(フィールド)ホッケーをやっていました。大学時代は山梨県ホッケー協会に所属する外部指導コーチとして地元の中学校に教えに行ってました。その時の体験も、地方公務員へのステップとしては大きかったように思います。実は民間企業からも内定をいただいていたのですが、どうしても南アルプス市の職員になりたくて、1年間の就職浪人をしました。今では、その1年も貴重な体験だったと思っています。

市民の皆さまのために日々考え続けています

学校で学んだこと・学生時代

納税課の仕事をするようになってからは、関連の法律文を精読することが多いのですが、学生時代に法律を勉強しておいてよかったな、とつくづく思います。法律文には独特の言い回しがあるので、学生時代に触れていなかったら大変だったかもしれません(笑)。ゼミでは民法を学んでいましたが、先生との距離が近く、勉強に関してはもちろん、進路の相談にも何度も乗ってもらいました。宅地建物取引士、FP、秘書検定などの資格も大学時代に取得しました。また、就職・キャリアセンターや公務員講座など、就職へのサポートが充実しているので、安心して学生生活を送ることができました。人間としても大いに成長できた4年間だったと思います。

気の合う同僚や先輩に囲まれた職場です

有野 陽祐さん

南アルプス市役所 総務部納税課 勤務/法学部 法学科/2015年卒/山梨県南アルプス市出身。小学校4年生でホッケーを始める。中学から大学までホッケー部に所属。現在も外部指導コーチとして母校の中学校で後進の指導にあたっている。その他の趣味は「最近車を購入したので、ドライブが楽しくなってきました」とのこと。将来的にどんな部署でどんな仕事をしたいか?という問いには「どこの部署であろうと、その業務が市民生活にどう関わっているのかをしっかり考えて、その時々に相応しい仕事をしていきたいです!」と答えてくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

山梨学院大学(私立大学/山梨)