• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 山梨学院大学
  • 先生・教授一覧
  • 實川 和子教授(国際私法・国際金融法)

私立大学/山梨

ヤマナシガクインダイガク

こんな先生・教授から学べます

「世界で役立つ法律」を教えてくれる先生

国際私法・国際金融法
法学部 法学科
實川 和子教授
先生の取組み内容

皆さんは、相撲の「帰化」やサッカーなどスポーツの話題で「二重国籍」という言葉を聞いたことがあると思います。特に「有力選手がどの国の代表で出場するのか」ということに興味がある人も多いでしょう。
国籍は、両親の国籍や生まれた国などによって決まり、また国によって国籍に関する法律が異なっているため、1人で複数の国籍を有する状態もあり得ます。そのため、そのような人が結婚したり、国際的な取引を行う場合に、どこの国の法律を適用するのかを決定するのが、私の研究している国際私法です。
今後ますますグローバルに変革していく時代には、公務員になる人も、民間企業に就職する人も、知っておいて損はない学びなのです。

グローバル時代のビジネスにも非常に役立つ国際私法。ぜひ一緒に学んでみませんか?

授業・ゼミの雰囲気

「法律は身近なもの」を体験できるアクティブラーニング

「スポーツのために国籍変更することに賛成か」「同性婚はOKだと思うか」など、實川先生の講義では国際私法の理論はもちろん、ニュースなどで話題の法的問題を学生たちに考えてもらうアクティブラーニングが中心。スマートフォンを使ったアンケートを実施したり、動画を見てもらったりしてディスカッションをするなど、学生参加型の授業が好評です。
学生たちはこれら身近な事例を通じて法律に親しみ、「法的思考力」を身につけて社会に羽ばたいています。

グループに分かれたゲームを通じて、「国際貿易」を学ぶアクティブラーニングの様子。

キミへのメッセージ

自分で考え歩んでいくための基礎づくりを

大学の4年間は、面白そうなことにどんどん挑戦し、多くの人と交流を図り、自分で考え歩んでいくための基礎づくりの時間にして下さい。山梨学院大学には、そのための先生や施設がしっかり整っています。

實川 和子教授

専門分野:国際私法、国際金融法
1993年3月中央大学法学部法律学科卒。1998年3月中央大学大学院法学研究科民事法専攻博士課程単位取得満期退学(法学修士)後、青森中央学院大学経営法学部専任講師を経て、2006年4月より山梨学院大学法学部法学科准教授。2011年4月より同・教授。
大学時代はクイズ研究会や弁論部に所属。高校時代から和裁を趣味とし、和裁士免許も取得。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

山梨学院大学(私立大学/山梨)