• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 山梨
  • 山梨学院大学
  • 先生・教授一覧
  • 東山 昌央専任講師(野外スポーツ、野外教育)

こんな先生・教授から学べます

自然を教材に豊かな人生に必要なものを探求し続ける先生

野外スポーツ、野外教育
スポーツ科学部 スポーツ科学科
東山 昌央専任講師
先生の取組み内容

自然の中で行われる野外活動や野外スポーツは、子どもから高齢者まで幅広い年代が楽しめます。例えばトレッキングやキャンプなど、一見して遊びのように見えるものでも、実は人の教育、健康、生きがい作りに果たす役割は非常に大きいのです。また、昨今注目を集めている「生涯スポーツ社会」の実現にとっても欠かせない分野です。
私が取り組んでいるのは、登山やクライミングなど山野型の野外スポーツを対象に、スポーツ科学の方法論を用いて、実践能力、指導能力の育成に役立つ知見を明らかにする研究です。そして、人と自然の接点が生まれる野外活動という場を利用した学生教育です。幸い、山梨学院大学は日本を代表する本物の自然に囲まれています。豊かな自然環境はまさに人生を豊かにしていくための実学の場を提供してくれるのです。

目を見張る大自然の中でのキャンプ活動の様子。「生涯スポーツ社会」の実現にとっても欠かせない分野です。

授業・ゼミの雰囲気

本物の自然の中に心身を投げ込み、そこで起こる全てを五感に刻むことで、人間として一回り大きくなる!

山梨学院大学スポーツ科学部では、1年次に野外実習が選択必修科目となっている。キャンプ実習では、奥秩父の名峰である瑞牆山のふもとでキャンプ活動(野外炊事、テント泊)を行いつつ、グループ登山に挑戦。また、水辺実習では、本栖湖畔でキャンプ活動を行いながら、本栖湖を横断するカヌーツアー、富士川でのカヤックを敢行。壮大かつ美しい自然の中で、人と自然の関わりや、そこで育まれる自己と他者との関係性を学んでいく。「当初は不安があった学生も、実習が終わるころにはすっかりたくましくなります」と東山先生は話す。

壮大かつ美しい自然の中で、自然との関わりや、自己と他者との関係性が学べる野外実習。

キミへのメッセージ

最初は好奇心だけでもいい。「本物」に触れる体験を山梨学院大学で!

まずは好奇心を持つことです。「本物」に触れることで、徐々にコミュニケーション能力、行動力、問題解決能力が高まっていきます。教職を目指すにしても、一般企業を目指すにしても、人としての土台作りが肝要です。

東山 昌央専任講師

専門:野外教育、野外スポーツ
筑波大学大学院体育研究科コーチ学専攻修士課程修了、修士(体育学)。
大学院で青少年を対象とする教育キャンプの指導経験を積む。
(財)日本サッカー協会JFAアカデミー、S級コーチ養成講習会等で野外研修プログラムを指導。その後、高校の非常勤講師(保健体育科)、東京女子体育大学講師を経て、2016年より現職。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

山梨学院大学(私立大学/山梨)