• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 埼玉
  • 十文字学園女子大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • T.S.さん(教育人文学部 幼児教育学科/幼稚園教諭)

今のクラスの子どもたちを、この春初めて送り出します

先輩の仕事紹介

「先生、だいすき!」に元気をもらう日々。子どもたちの旅立ちを温かく応援したいです

幼稚園教諭
人間生活学部 幼児教育学科(現:教育人文学部 幼児教育学科)/2018年卒
T.S.さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

母校である十文字学園女子大学内にある附属幼稚園で、年長クラスを受け持っています。今のクラスの子どもたちは、私が新任時代に年少組だった子たちです。入園時は幼稚園に慣れず泣いてしまったり、自己主張が強かったりもしましたが、年長さんの今は、お友達を気遣ったり、みんなで協力したりする姿が見られ、感慨深いです。「先生、これやってみたい!」「どうしたらできるかな?」のオンパレードで、笑顔と元気、パワー溢れる毎日。そんなみんなも、もうすぐ卒園です。私にとって初めてだらけだった子どもたちを見送るのは寂しいですが、嬉しい事や楽しい事をたくさんくれたみんなの旅立ちを、心から応援したいと思っています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

幼少の頃から、幼稚園の先生が大好きで憧れを抱いていました。高校生になり進学を悩んでいる時、「子どもが好き」「人と関わる仕事がしたい」という思いが強くあったため、幼稚園教諭になりたいと考えるようになりました。煉瓦づくりの校舎や居心地の良い雰囲気が母校の高校に似ていて、十文字学園女子大学に興味を持つようになりました。キャンパス内に附属の幼稚園があることを知り、毎日子どもたちの声がキャンパス内に響く環境は、幼稚園の先生をめざす私にぴったりだと感じました。実習の機会が豊富なので実践力が身につくことや、幼稚園教諭と保育士の両方の資格が取得できること、就職の強さにも惹かれ、入学を決意しました。

子どもたちのたくましい成長に、励まされます

学校で学んだこと・学生時代

大学在学中は、子どもの心を理解するための「保育心理学」に興味を持ち、熱心に学びました。子どもの思考や言動の仕組み、そして成長過程によってどのような違いがあるかを学修した経験は、今の仕事に大いに活きています。また、保護者との関わり・子どもの環境を考える子育て支援や家庭福祉、遊びを通して成長を支える身体表現や音楽、造形なども学修。1年次から附属幼稚園で観察実習が始まり、2年次以降は実際に幼稚園や保育所、様々な施設で実習をさせて頂きました。学んだことを実習で実践し、先生方からのフィードバックをもとにまた次の課題に取り組む。学ぶことが多く大変でしたが、その全てがこの仕事の基盤になっています。

学生時代に学んだこと全てが、今の仕事に活きています

これからかなえたい夢・目標

この幼稚園には、当初、大学の実習先としてお世話になりました。一人ひとりの個性や自発性を尊重する「自由保育」に共感し、尊敬できる先生も多かったことから、ここで働きたいという思いが募りました。就職後は、子どもたちの生活や遊びを支えながら自身の保育を振り返り、子どもに合った援助を試行錯誤しながら実践力を高める日々。悩んだときは、学生時代の学びと経験豊富な周囲の先生のアドバイスに支えて頂きながら、どんな時も「先生、だいすき!」と頼りにしてくれる子どもたちの姿に元気をもらいました。子どもたちとともに成長したこれまでの時間は、かけがえのないもの。この仕事は、これからも一生続けたいと思っています。

実習に来ている大学の後輩を指導することもあります

T.S.さん

十文字女子大附属幼稚園/人間生活学部 幼児教育学科(現:教育人文学部 幼児教育学科)/2018年卒/在学中に幼稚園教諭一種免許状とともに、保育士の資格も取得。幅広い幼児教育の知識と技術を持ち合わせることで、多様な視点から子どもにアプローチができるため、幼稚園教諭として働くうえで大いに役立っているという。保護者や周囲の先生方からの信頼も厚く、3年目にして年長クラスの担任を任されている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

十文字学園女子大学(私立大学/埼玉)
RECRUIT