• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 順天堂大学
  • 先生・教授一覧
  • 眞壁 寿 教授(理学療法学)

こんな先生・教授から学べます

患者さんが日常生活に戻るためのサポートをする先生

理学療法学
保健医療学部 理学療法学科
眞壁 寿 教授
先生の取組み内容

理学療法士は病気やケガなどで身体に障害を抱えた人や、障害が残ってしまう可能性のある人に対してアプローチしていくリハビリテーションの専門職です。座る、立つ、歩くなどの動作を回復させ、自立した日常生活が送れるように、運動療法や物理療法を用いて支援していきます。障害を抱え精神的なダメージを持つ患者さんにリハビリを行ってもらうためには、高いコミュニケーション能力が必要になってきます。また理学療法士は、患者さんの症状を正確に把握し、回復見込みを予測して運動プログラムを組み立てていくスキルが求められます。そのためには論理的な思考力が必要ですし、臨機応変に対応していく柔軟さも大切です。豊かな人間性と、科学的根拠に基づいた判断ができる理学療法士を育てたいという理念のもと、日々学生と接しています。

患者さんを身体的にも精神的にも支えながら日常生活へ戻れるようにサポートできる。やりがいのある仕事です

授業・ゼミの雰囲気

早期からの臨床実習で患者さんとの向き合い方を学びながら、将来の働き方について考えることができる

附属病院と垣根のない教育体制が構築されている点が魅力。病院で働く現役の理学療法士が実習科目を担当したり、教員が附属病院での臨床業務を兼務するなど連携体制が整っており、学生は現場を間近に感じることができます。早期から現場に触れることで、学生は早い段階から将来を考えることができます。急性期のリハビリ現場での実習では、神経、心臓、整形外科など幅広い疾患に対する理学療法を学べる点も魅力。様々な患者さんと接するなかで人との向き合い方を学び、理学療法士として必要なスキルを高めていくことができます。

1・2年次に様々な現場を体験した後、3年次からは自分の興味にあわせて演習先を選ぶことができる。

キミへのメッセージ

常に学ぶ姿勢を大切に、成長していってほしいと思います

大切なのは、困っている人を助けたいという気持ち。人と接するのが好きで役に立ちたいという思いが医療人としての資質です。医療は絶えず進化しますので、学び続ける姿勢を持ち、活躍してほしいと思います。

眞壁 寿 教授

専門:理学療法学
1978年東京都立府中リハビリテーション専門学校卒業。東京都立府中病院、秋田県立脳血管研究センター、東京都立八王子保健所、東京都立神経病院などで勤務。2002年電気通信大学大学院電気通信学研究科博士課程修了。受賞歴に山形県理学療法士会掲載論文新人賞、第26回東北理学療法学術大会学会奨励賞、第2回学術誌掲載論文優秀賞。山形県立保健医療大学理学療法学科長を経て2019年より順天堂大学教授。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

順天堂大学(私立大学/東京・千葉・静岡)