• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 埼玉
  • 女子栄養大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 中村 理乃さん(栄養学部 実践栄養学科/管理栄養士)

「AJINOMOTO PARK」で美味しく健康的な食卓作りをサポートしています

先輩の仕事紹介

人々が自然に健康的な食生活を営むことで、健康寿命が延伸される世の中にしたい!

管理栄養士
栄養学部 実践栄養学科/2014年卒
中村 理乃さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

弊社レシピサイト「AJINOMOTO PARK」を通し、皆様の美味しく健康に良い食卓づくりをサポートするのが私の仕事。大学で学んだ栄養学の知識と調理技術を生かし、レシピ作り・撮影・情報発信などを行っています。多様な生活者ニーズを正確につかみ未病対策の観点から食情報を作り上げていくこと、変化する食のニーズや進歩するデジタルテクノロジーを敏感に捉え時代に合った食情報を提供し続けるのは簡単ではありませんが、閲覧数が増えたり、レシピにお褒めのコメントをいただくと「有益な情報を提供できている!」と嬉しくなります。料理を作る人・食べる人の充実した生活や幸せに貢献できるこの仕事に、大きなやりがいを感じています。

学校で学んだこと・学生時代

りんごの皮むきさえできなかった私が、入学を機に食・健康・栄養学を学び、知識と技術を身につけていきました。中でも特に注力したのは『産学連携でのコンビニ弁当開発』です。「おいしさ」が個々人によって異なることを知って興味を持ち、味覚と食生活の関係について調理学の観点から研究していきました。また授業のみでなく、スイーツサークル『Amitie』を立ち上げたり、球技サークルで活動したり、仲間と共にキャンパスライフのすべてを楽しみながら学びました。先生方、職員の方、企業の食を仕事とする方々とたくさんコミュニケーションを図ったことが、チームで仕事を進める今、とても役立っています。

これからかなえたい夢・目標

私が味の素に就職を決めた理由は、食品メーカーの社員として「人々が自然に健康的な食生活を営むことで、健康寿命が延伸される世の中にしたい」という夢があったからです。今後さらに人々の生活スタイルは変化し、多様化も進むと思います。ユーザーテストやニーズ分析を強化し、常に健康な心と身体を維持・向上できる食情報をお届けする努力を続けたいと思います。「調理は栄養学の最終形態であり、栄養学に関するすべての学問が詰まっている」。これは最も私の印象に残っている大学時代の恩師の言葉です。そうした先生方のもとで最新かつ正しいエビデンスに基づいた栄養学を学んだ者として、生活者に寄り添った提案をし続けたいと思います。

中村 理乃さん

味の素株式会社 食品事業本部 調味料事業部 オウンドメディアグループ 勤務 レシピ担当:管理栄養士/栄養学部 実践栄養学科/2014年卒/2012年3月、女子栄養大学短期大学部 食物栄養学科を卒業後、4月に女子栄養大学 栄養学部 実践栄養学科に編入。2014年3月に卒業。同年4月、女子栄養大学大学院 栄養学研究科 栄養学専攻修士課程に進学。卒業後、味の素株式会社に入社。所有資格/管理栄養士、栄養学修士、栄養教諭二種免許状、フードスペシャリスト、家庭料理技能検定1級など。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

女子栄養大学(私立大学/埼玉)
RECRUIT