• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 埼玉
  • 女子栄養大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 宮井 麻祐子さん(栄養学部 食文化栄養学科/食品製造)

機内食の奥深さを実感しながら日々の業務に取り組んでいます

先輩の仕事紹介

「ワクワクする機内食」をプランニング・提供したい!

食品製造
栄養学部 食文化栄養学科/2018年卒
宮井 麻祐子さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

食に興味があるのはもちろん、旅行が好きだったため機内食を製造している現会社に就職しました。入社1年目は機内食を製造するラインで盛り付け業務に従事し、2年目には調理に使用する食材や調味料の発注業務を担当。3年目の今は、機内食で使用する商品規格書(原材料情報や製造方法等記載した書類)を確認・管理する業務を担当しています。まだこの業務に就いて日が浅いため毎日が勉強といった状況ですが、例えば悪天候により急遽翌日に臨時便を飛ばすなど急を要する調整業務が発生することもあります。緊張の中、定刻で飛行機を飛ばせるよう業務を遂行できた時にはホッとでき、同時に大きなやりがいも感じます!

学校で学んだこと・学生時代

特に印象に残っているのは、1年次の実践栄養学演習と、大学3・4年次のゼミ活動です。実践栄養学演習では3日間自炊をし、そのすべての食事の栄養価を計算。自身の食生活を正確に知る体験をしました。ゼミでは1人1企業とタッグを組み、メニュー開発を行いました。実際に企業と関わる中で、ビジネスとしてのメニュー開発、そこに必要な付加価値などを学び、食のノウハウばかりでなく社会人として身につけなければならないマナーなども学ばせていただきました。どちらもとても実践的で、社会に出てから役立っている授業だと感じています。そのほか学園祭実行委員や、提携大学運動部の食事サポートなどを行ない、とても充実した学生生活でした。

これからかなえたい夢・目標

大学では食品学、調理学、衛生学など食について総合的に学び、たくさんの調理実習を通して調理技術を高めることもできました。「好きな旅行」「楽しみな機内食」という観点でANAケータリングサービスに就職できたのはそのベースがあってのことと思います。そして今は“想像以上の機内食の奥深さ”を実感しながら学び、業務を行っている日々です。現在の課題は機内食に関してさらに理解を深め、必要な知識・技術を習得すること。そして複数の部署での業務を経験することで、『もっと飛行機での移動、旅行が楽しみになる機内食』のプランニング・提供を任される人になりたいと思います。

宮井 麻祐子さん

株式会社ANAケータリングサービス 品質保証室 衛生推進部 衛生品質設計課 兼 商品管理部 調達課 勤務/栄養学部 食文化栄養学科/2018年卒/在学中はフードマーケティング研究室ほか、若葉祭(学園祭)実行委員会、日本医科大学漕艇部マネージャー班に所属して活動を行った。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
女子栄養大学(私立大学/埼玉)
RECRUIT