• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 埼玉
  • 女子栄養大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 岡田 かれんさん(栄養学部 実践栄養学科/管理栄養士)

栄養学を徹底的に学んだことで管理栄養士としてプライドが持て、働く際の大きな自信にもなっています

先輩の仕事紹介

患者様とのコミュニケーション、多職種間の連携を密にしながら、刺激的な毎日を過ごしています。

管理栄養士
栄養学部 実践栄養学科 卒/2017年卒
岡田 かれんさん

この仕事や研究の魅力・やりがい

研究室の教授の紹介がきっかけで病院に就職。現在は個別栄養指導をはじめ、担当患者様の栄養管理、退院に向けた食支援を中心に、特に摂食嚥下機能の低下に対してアプローチしています。多職種との連携を大切にしており、カンファレンスの参加、毎日ミーティングや嚥下造影検査・嚥下内視鏡検査に立ち会うだけでなく、チーム医療に貢献するため管理栄養士としての意見を積極的に発信しています。患者様や共に働くスタッフに「ありがとう。助かったよ」とお褒めの言葉をいただくと大きなやりがいを感じます。また私自身、食事が大好きなので、ミールラウンド時や栄養指導で「食」について患者様とお話しすることがとても楽しいです。

学校で学んだこと・学生時代

在学当時から「病院で働きたい」という気持ちがあったので、2度の病院実習(4週間・2週間)は特に力を入れて取り組みました。実習前の準備から実習終了まで、恩師である教授に大変お世話になり、多職種連携の重要性などさまざまなことを学びました。その重要性を、働き始めた今改めて実感しています。また、実習で身につけた日々の職務への取り組み方や、栄養指導の方法、指導する上での引き出しを増やすことは、今の私の仕事の支えになっています。細かい部分に配慮し、相手の目線に立って行動することや、研究室では社交的なマナーなども学びました。栄養学の知識以外にも手厚いご指導いただけたことにとても感謝しています。

これからかなえたい夢・目標

今後、地域包括ケアシステムのとおり、団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に「住まい」「医療」「介護」を一体的に提供することが必要になってきます。それに伴い、患者様の生活拠点は、病院から在宅へシフトしていくことが想定されます。その流れに乗るためにも、病院での仕事はもちろん、在宅の患者様にも栄養学を普及できるような知識・技術を学んで、活かしていきたいと思います。最近では、職場で後輩もでき、人材育成の難しさに悩むこともありますが、周囲の先輩方にアドバイスを求めながら、管理栄養士としてプライドを持って働けるような後輩の育成にも積極的に取り組んでいきたいと思います。

岡田 かれんさん

医療法人若葉会 若葉病院 栄養科/栄養学部 実践栄養学科 卒/2017年卒/埼玉県立春日部女子高等学校を卒業後、女子栄養大学に入学。在学中の所属研究室/臨床栄養管理研究室 在学中の所属クラブ/若葉祭実行委員会 所有資格/管理栄養士、栄養士 「女子栄養大学で学んだ知識や技術を武器に、自信をもって医師をはじめ多職種のスタッフにも管理栄養士としての意見を発信しています。大学で他者と関わる実習・実験を多数経験し培ったコミュニケーション力も、仕事の大きな支えになっています」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

女子栄養大学(私立大学/埼玉)
RECRUIT