• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 埼玉
  • 女子栄養大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 近藤 彩美さん(栄養学部 保健栄養学科栄養科学専攻/臨床検査技師)

患者さんとのコミュニケーションは一期一会。今後も大切にしていきたい言葉です

先輩の仕事紹介

「顔の見える臨床検査技師」として、チーム医療の一角を担える技師をめざしています!

臨床検査技師
栄養学部 保健栄養学科 栄養科学専攻 臨床検査学コース 卒/2020年卒
近藤 彩美さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

在学中、臨床検査技師としての専門性を活かし、医師や看護師から必要とされる技師になりたいと思っていました。私が勤める埼玉石心会病院の臨床検査技師は、積極的に検査室を飛び出し、NST・ICT・ASTといった他職種と連携したチーム医療を実践しています。この仕事を始めて、医師が検査結果から治療方針を決定する姿を目の当たりにし、自分の出した検査結果が治療にとても重要な役割を担っていることを実感しました。一分一秒を争う患者さんへの検査や、限られた時間での輸血の準備などは特に緊張しますが、患者さんの役に立てていることにやりがいを感じ、改めてこの仕事の重要性を実感しています。

学校で学んだこと・学生時代

入学前から臨床検査技師を志していたので、そのための勉強や医学的知識・技術を深める卒業研究には特に力を入れました。病気に関連した研究がしたいと思い、栄養科学研究所に所属。先生方に丁寧に教えていただきながら、楽しく、ためになる研究ができました。日々の勉強面では、友人同士で授業内容を振り返って重要ポイントを確認し合い、疑問点はみんなで調べたり、先生に質問したりしながら一つ一つ解決していくようにしました。一人よりたくさんのことに気付け、知識量が何倍にもなっていった感覚が嬉しかったのを覚えています。リアルタイムPCRの手技に触れられたことも貴重な経験。今の仕事にとても役立っています。

これからかなえたい夢・目標

女子栄養大学は、栄養士と臨床検査技師の両資格を取得できることが魅力だと思います。近年予防医学が注目されている観点から、栄養学の知識を得られることは、臨床検査技師としても将来の幅が広がると思います。今後は知識と技術の両方を兼ね備えた臨床検査技師となり、患者さんに貢献していけるよう、日々努力していきたいと思っています。まだまだ経験も浅く、先輩方に教えていただきながらですが、いずれは医師や看護師等の他職種からも必要とされる臨床検査技師となり、今求められる「顔の見える臨床検査技師」として、チーム医療の一角を担えるようになりたいです。大学で培った学び続ける姿勢をこれからも大切にしていきたいです。

近藤 彩美さん

社会医療法人財団 石心会 埼玉石心会病院 勤務/栄養学部 保健栄養学科 栄養科学専攻 臨床検査学コース 卒/2020年卒/埼玉県立和光国際高等学校を卒業後、女子栄養大学に入学。所有資格/臨床検査技師、栄養士 在学中の所属研究室/栄養科学研究所 在学中の所属クラブ/科学ワールド実行委員会・with heart 「検査の遅れが治療の開始に支障をきたさないよう、一秒でも早く結果を出すことを心がけています。医療技術は日進月歩です。それに後れを取らないよう勉強を継続していきます」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

女子栄養大学(私立大学/埼玉)
RECRUIT