• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 女子美術大学

私立大学/東京・神奈川

ジョシビジュツダイガク

女子美術大学で学んでみませんか?

女子美術大学の風景

2023年4月、ビジネスを次のステージへ引き上げる「共創デザイン学科」開設

明治33(1900)年の創立以来、数多くの著名なアーティストやデザイナー、教員などのスペシャリストを輩出。専門性深めながら、幅広い知識と技術、発想力を身につけ、芸術を社会の中で活かせる人材を育成しています。

女子美術大学はこんな学校です

女子美術大学は学ぶ内容・カリキュラムが魅力

女子美術大学の特長1

産官学連携プロジェクトを通して、新しい価値を創り出す【共創デザイン学科】開設

いま、私たちを取り巻く環境は急激に変化し、既成の考え方や手法では解決できない課題が数多くあり、デザインやアートが持つクリエイティブな力への期待が高まっています。また、これからの時代が抱える難題には個の力ではなく、多様な領域の人々と共に新しい価値を創り出す「共創力」が重要な役割を果たします。そこで、共創デザイン学科では、創造力の基礎となるデザインを主軸に、ビジネス・テクノロジーを横断的に学び、産官学連携による実践型プロジェクトを通して、多様な人々と「共創」する力を身につけ、学生一人ひとりに「共創型リーダーシップ」を育んでいきます。

女子美術大学は施設・設備が充実

女子美術大学の特長2

学生生活をより充実させるための施設・設備が揃っています

杉並・相模原キャンパスあわせて40万冊の蔵書数を誇る「図書館」、絵画作品を中心に約15000点所蔵する「女子美アートミュージアム」、作品展示のみならずワークショップや講演会の開催などに利用可能な「女子美ガレリアニケ」、日本画の岩絵具の製造および研究を担う「顔料創造ファクトリー」、いつでも自由にデッサンの練習ができ、常駐講師による指導も行う「ドローイングセンター」、120余年に及ぶ本学の歴史に触れることのできる「歴史資料室」など、さまざまな施設があります。また専攻・領域ごとに使用する工房や教室なども学生が使いやすいように工夫されています。実際にオープンキャンパスにお越しいただき、ぜひ体感してみてください。

女子美術大学は学費に特長・奨学金制度あり

女子美術大学の特長3

学びの意欲をサポートする多彩な奨学金/奨励金制度

本学独自の奨学金制度は、すべてが返済不要の奨学金(給付型・授業料減免)。入学前に募集する予約型奨学金のほか、さまざまな奨学金を設けており、多くの学生が自分に合った奨学金を上手に活用しています。また、自らの学科・専攻・分野に関連して行う活動(グループ展、パフォーマンス、ファッションショー、アートプロジェクト等)に対し、費用の一部を最高10万円(1年に1人2団体まで)の範囲で支援する「課外活動奨励金」、応募にかかる出品料(参加費)や運搬費について上限3万5000円(1年に1人2回まで)の範囲で支援する「公募・コンペ・コンクール参加奨励金」といった学外活動でのサポートも充実しています。

女子美術大学の特長を詳しく見る

あなたは何を学びたい?
女子美術大学の学部学科、コース紹介

芸術学部

(定員数:630人)

美術学科 (定員数:190人)

デザイン・工芸学科 (定員数:220人)

アート・デザイン表現学科 (定員数:160人)

共創デザイン学科 (定員数:60人)

女子美術大学の就職・資格

女子美術大学の卒業後の進路データ (2023年3月卒業生実績)

就職希望者数345名
就職者数292名
就職率84.6%(就職者数/就職希望者数)
進学者数53名

体系的なキャリア支援プログラムで高い就職率。「なりたい自分」を見つけ、「なりたい自分」を実現する。

低学年からの体系的なキャリア支援プログラムを実施し、高い就職率を実現。「キャリア形成」の授業科目では、ポートフォリオの作成や業界研究、SPI、エントリーシートなどキャリア形成に必要なスキルを継続的に学習。長期休暇期間にはPC資格取得講座も実施しています。また首都圏のアクセスの良さを生かし、年間約100 社の学内企業説明会を実施。広告・メーカー・ゲーム・アパレルなど卒業生が活躍している様々な業界の仕組みや職種について知る機会があるほか、卒業生による就職アドバイス会を開催しています。クリエイティブ職の就職に向けては、現役デザイナーを講師に個別もしくは少人数でのポートフォリオ講評も実施しています。

女子美術大学の就職についてもっと見る

女子美術大学の所在地・アクセス

所在地 アクセス 地図・路線案内
杉並キャンパス : 東京都杉並区和田1-49-8 東京メトロ丸ノ内線「東高円寺」駅下車徒歩 8分

地図

 

路線案内

相模原キャンパス : 神奈川県相模原市南区麻溝台1900 小田急線「相模大野」駅下車バス「女子美術大学」行き 約20分
JR横浜線「古淵」駅下車バス「女子美術大学」行き 約15分

地図

 

路線案内

女子美術大学で学ぶイメージは沸きましたか?

つぎは気になる学費や入試情報をみてみましょう

女子美術大学の学費や入学金は?
初年度納入金をみてみよう

●2024年度納入金【美術学科】洋画専攻:192万6000円、日本画専攻:191万3000円、立体アート専攻:192万9200円、美術教育専攻:190万2000円、国際芸術文化専攻:189万6200円【デザイン・工芸学科】ヴィジュアルデザイン専攻:190万8000円、プロダクトデザイン専攻:191万6000円、環境デザイン専攻:191万2000円、工芸専攻:192万6000円【アート・デザイン表現学科】192万6200円【共創デザイン学科】191万8000円
(上記の他に、傷害保険料、学友会費などを別途徴収します)

すべて見る

女子美術大学の入試難易度は?
偏差値・入試難易度

女子美術大学の学部別偏差値・共通テスト得点率

現在表示している入試難易度は、2023年11月現在、2024年度入試を予想したものです。 偏差値・合格難易度情報: 河合塾提供
  • BF
  • 30
  • 40
  • 50
  • 60
  • 70〜
40.0~47.5

女子美術大学に関する問い合わせ先

女子美術大学 入試センター

〒252-8538 神奈川県相模原市南区麻溝台1900
TEL:042-778-6123

女子美術大学(私立大学/東京・神奈川)

女子美術大学へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • 社会に新たな価値を生み出し「AI時代を先取りする」進路選択

  • 「クリエイティブの力で、世界を切り拓く」日本を代表する美術・デザインの総合大学

  • 基礎と専門が未来をつくる。あなたの創造性を基礎から育む10コース!

  • 高い専門性を活かし次代を担うエンジニアやメディアコンテンツ・クリエイターをめざす

  • 学部制と異なる「学群制」で自由な学びを。広い視野を持つ国際人材を目指す

  • 輝く自分、出会う瞬間。~「人」を育てる~

  • 『やりたい』を究める環境がここにある

  • ファッション・デザイン・建築・インテリア・観光を学び、未来の文化をつくる人へ

  • 未来を描き、時代をつくる。あたらしい「ジブン」が、ここから始まる。

  • 「知の創造。日本をみつめ、未来をひらく」

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる
この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!
資料請求する
RECRUIT