• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 昭和薬科大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 土屋 有加さん(薬学部 薬学科/日本調剤 六浦薬局 管理薬剤師)

私立大学/東京

ショウワヤッカダイガク

先輩の仕事紹介

患者さんを長い目でサポートできる調剤薬局へ。在宅医療にも力を入れていきたいです。

日本調剤 六浦薬局 管理薬剤師
薬学部 薬学科/2015年卒
土屋 有加さん

この仕事の魅力・やりがい

薬局の管理薬剤師です。外来患者さんに対する調剤のほか、定期的に患者さんのご自宅を訪問して薬剤の管理、服薬指導などを行う在宅医療にも力を入れています。患者さんのニーズに応えて「錠剤を飲みやすく砕く」「数種類の薬を一包にまとめる」などの対応を行ったり、ご自宅に伺った際には、服用する薬を間違えないようにカレンダーや薬ボックスを作ったりと、オーダーメイドのサポートを大切にしています。3年目からは店舗責任者として薬局全体のマネジメントも担当。支えてくださるスタッフさんへの対応にも一層気を使うようになりました。最近では居心地の良い薬局づくりのための模様替えも実施。忙しい日々ですが、やりがいを感じています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校時代、飲んていたお腹の薬がなかなか効かず、試しに飲んだ漢方薬が劇的に効いた時期がありました。そこから薬に興味を持つようになり、薬学部に入ることを決めたんです。4年制も考えましたが、やはり6年間しっかりと学んで資格を持った方が、自分の将来のためになると感じて昭和薬科大学を選びました。卒業後は漢方薬の仕事をしたいとも考えましたが、まず幅広い処方の経験を身につけようと調剤薬局を選択。研究室の仲間と就活をスタートさせた5年生の夏頃、インターンシップで現場を体験しました。そこで、2年目ですでに人材を動かす立場で仕事をしている先輩薬剤師に出会い、社内教育も充実している日本調剤への入社を決めたんです。

学校で学んだこと・学生時代

大学では薬物動態学研究室に所属。当時就職支援も担当していた指導教授が、就職活動について親身になってアドバイスしてくれたことを覚えています。大学で特に思い出深いのは、研究室に入ってからの毎日。研究、勉強、実習ととにかく忙しかったので、自分でしっかりとスケジュールや目標を立てて過ごしていました。大学生活をダラダラと過ごさず、時間を工夫しながら充実した日々を過ごす方法を、研究室に在籍していた4、5、6年で学びました。社会に出た今も役に立っていると感じます。研究室で一緒だった仲間たちとは、今も時々会っています。当時は夜の10時まで一緒に過ごしたり、卒論に協力してもらったり。仲間との絆は今も強いですね。

土屋 有加さん

日本調剤 六浦薬局/薬学部 薬学科/2015年卒/「今は、薬局で出会う患者さんとの触れ合いが、仕事へのやりがいにつながっています」と語る笑顔の土屋さん。「例えば、体調の悪い中でも毎回きちんと薬の説明を聞いてくださる患者さんは、薬が必要ない時にも私の顔を見にいらして、ガラス越しに手を振ってくださいます。薬剤師をやっていてよかったと感じる瞬間ですね」。昭和薬科大学では「薬学」という同じ道を目指す仲間たちと、充実した6年間を過ごしたと振り返る。「薬学部の勉強は忙しいと思いますが、部活などを楽しみながら充実した毎日を過ごしてほしい。出会う仲間は一生もの!その絆も大切にしてください」と後輩にエールを送ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

昭和薬科大学(私立大学/東京)