• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 昭和薬科大学
  • 先生・教授一覧
  • 小泉 直也先生(薬剤学研究室 准教授)

こんな先生・教授から学べます

がん治療薬が標的に確実に届くシステムを開発する先生

薬剤学研究室 准教授
薬学部 
小泉 直也先生
先生の取組み内容

「薬剤学研究室」の研究テーマのひとつが、がん治療薬などの薬物を「目的の場所に」「目的の時間で」「目的の量を」的確に到達させる、ドラッグデリバリーシステム(DDS)。例えば、抗がん剤は病巣部位のがん細胞にのみに到達するのではなく、血液を介して全身に分布します。結果、毛根細胞に影響を与えて髪の毛が抜けたり、腸の細胞を破壊して下痢をするなどの副作用を引き起こすのです。がん組織はがん細胞だけのかたまりでありません。がんの生命活動に必要な栄養や酸素を摂るための血管がたくさん分布しています。ライフラインであるこの血管を破壊できれば、がんは栄養や酸素を撮ることができなくなり、死滅します。そこで、正常な血管には反応せず、がんの血管にのみ細胞死を誘導する「がん血管を標的としたがん治療薬の開発」を行っています。

がん血管を標的としたがん治療イメージ。副作用の起きにくいドラッグデリバリーシステムが注目されています

授業・ゼミの雰囲気

穏やかな学生が多い、暖かい雰囲気の中で学ぶ6年間。自発的に研究できる環境も用意されています。

「昭和薬科大学は暖かい校風が魅力。授業やゼミも明るい笑い声で溢れています」と話す小泉先生。「薬剤師は病気に苦しむ患者さんに寄り添う職業。知識や能力と同様、一緒にいて安心できる人が重要です」。実習先からは穏やかな昭薬生のキャラクターを褒めてもらうことも多いといいます。また、自分のやりたい研究に自発的に取り組む環境やサポート体制も用意されています。「以前は、6年間で学生に成長してもらうにはどうしたらいいか悩みましたが、自ら学んで成長するものだと最近気づきました。教員が学生から学ぶことも多いです」。

一見穏やかな昭薬生は、顔には出さないけど実は負けず嫌い!いざという時の行動力も素晴らしいです!

キミへのメッセージ

勉強も研究も、好奇心全開で取り組むことで楽しくなります!

勉強と研究の共通点は、知的好奇心を刺激してくれるところ。ぜひ好奇心全開で取り組んでください。研究活動も一人一人が楽しむということを最優先で指導しています。もちろん自分が一番楽しんでいますよ!

小泉 直也先生

専門/薬剤学
昭和薬科大学出身。2005年博士課程修了後、外部で1年間研究を行い、2006年に昭和薬科大学の教員として迎え入れられた。着任当時、教授からは「研究の推進力になってほしい」という言葉をもらったという。現在は、1日が24時間しかないことにストレスを感じるほどの研究好き。学生の見本となるような研究姿勢を示しながら、学生と教授を結ぶパイプ役でありたいと考えている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

昭和薬科大学(私立大学/東京)